不倫ライターをしている中で、一番耳を塞ぎたくなるのが不倫バレ後のお話です。不倫しているときは楽しくても、恐ろしい結末を迎えてしまったという人は少なくありません。今回は、不倫バレした女性がその後どんな地獄を見たのか、ご紹介します。

不倫相手からの裏切り

これは不倫が男性側の奥さんにバレた際に起こる地獄あるある。

愛し合っているときは、「嫁とは別れるから」「君が一番だ」と口説いてきた不倫相手が、バレた途端に手のひら返し。

「あっちから誘ってきた」と女性側のせいにされてしまうなんてことも…。その結果、莫大な慰謝料を全て女性が払うというケースもあるようです。

不倫中はどうしても周りが見えなくなってしまうもの。男性のうまい口車に乗せられて、都合のいい女になってしまうことは避けたいものです。

子どもの親権を夫にとられる

不倫がバレた後、離婚を選択した夫婦に訪れるのが、親権争いです。不倫するような女に子どもは渡せないと、夫側が親権を主張する場合も少なくありません。

基本的には、女性側が親権を持つ場合が多いのが今の日本ですが、経済力が著しく乏しかったり、心身の健康に問題があったりする場合は、親権者になることは難しいようです。

不倫バレした結果、離婚を言い渡されて親権を夫にとられ、挙句の果てには不倫相手にも捨てられて、本当の孤独を味わったという知り合いもいました。

非現実的な不倫から、現実世界に一気に引き戻された時の心情はまさに地獄ですね…。

略奪愛の刺激に溺れる

不倫は一種の麻薬のようなもの。イケナイことをしているというスリル感や、背徳感の中での体の触れ合いが忘れられないという人が多いようです。そのため、一度経験してしまうと普通の恋愛には戻れないなんてことも…。

そういった、既婚者相手のゴールの見えない恋愛ばかり繰り返し、婚期を逃してしまわないように要注意です。不倫ライターの筆者から言わせると、不倫から結婚に至るケースは…残念ながらやはり稀です。

噂が広がり周囲にバレまくる

不倫バレで一番怖いのが、家族や会社にバレることだ、という人は多くいます。相手の奥さんにバレても、自分の家族には言わないで欲しいとお願いする人もいるのだとか。

しかし、そんな下世話な話題が大好きなのが女性。どこからともなく情報を仕入れてきて、あっという間に会社や地元の友人などにバレてしまうのです。

さらに、不倫相手の奥さんの恨みを買って、実家に内通されるなんてケースも…。噂好きな友人や同僚がいる方は、気を付けてくださいね…!

不倫の噂があまりに広がると、誰も知らない遠い街に引っ越すしかなくなるなんて恐ろしい事態になりますよ。

新たな恋愛の壁となる

不倫バレの後、困ることはいくつかあると思いますが、その一つに、後の恋愛への影響が挙げられます。不倫を反省し、次こそまじめな恋愛をするぞ!と思っていても、過去の不倫話が相手に伝わってしまい、フェードアウトされてしまうこともあるのだとか…。

不倫経験がある人に対して、自分との交際中にも同じことをされてしまうのではないかと疑ってしまうのは当然のこと。心を入れ替えても、過去にしてしまったことは消えないものなのです。

今回は、不倫バレ女の地獄あるあるをご紹介しました。

不倫をしているときは燃え上がっている女性たちも、不倫バレすると一気に現実に引き戻されます。子どもと離れ離れになってしまったり、略奪愛以外の恋愛ができなくなったりと、なかなか悲惨な地獄が待ち受けていましたね…。

「夫に女として見られないから」「既婚でも好きなものは好きだから」と、女性が不倫する理由は様々でしょう。しかし、一度入るとなかなか抜け出せないのが不倫沼です。

不毛な恋愛をした結果、自分が傷ついただけで終わった…なんてことにならないよう、いつも冷静でいたいものですね。

ftnコラムニスト:小島康明