文字のやり取りでも、イラっとする瞬間がありますよね?
今回は、友人女性の実体験の紹介です!

マッチングアプリで男性と繋がる

数年前、友人はマッチングアプリに登録しました。
彼氏募集中だったこともあって、素敵な出会いを期待したのです。
そこで彼女は、年上男性とマッチングして、LINEでやり取りするようになりました。
共通の趣味を持つ2人は、楽しくテンポ良くLINEを行い、友人も「この人に会いたい!」と思うようになったのです。

煮え切らない男性にモヤモヤ...

気が付けば、2人がLINEでやり取りし始めて4か月が経っていました。
もちろん、すぐに会うのは緊張しますが、そうかといって時間を掛け過ぎても、じれったいものです。
男性は「そのうち会おう!」と言うばかりで、なかなか煮え切りません。元の性格がスピード重視の友人は、正直、この状況にウンザリしていました。
そんな彼女は、久々に別の男性とアプリでマッチングに成功します。
相手と会話が弾み、やり取りし始めて3週間目で会うこととなりました。
一応、煮え切らない彼にも報告すると、こんな返答が返ってきました。
「(笑)いいよ!会ってきなよ!まぁ、どうせ上手くいかないけど!お前にふさわしいのは、俺なんだから!」
この文章を冷めた目で見つつ、友人はデートへ出かけて行きました。

楽しい時間を経て...

しかし実際、デートは大成功します。彼女は、この男性にシンパシーを感じて、3回目のデート時に正式に交際を決めました。
もちろん、例の彼にもきちんと告げます。
「私、アプリの人と付き合うことになったので、あなたとはもう連絡を取れません」
こうLINEした途端、相手は怒り狂ってLINEを連投してきました。
「はぁ!?俺とデートの約束は、どうなったんだよ?約束破るとか、最低だな!」
「俺とは5カ月もやり取りしていたのに!この尻軽女!」
友人は、こんな言葉使いにドン引きしながら、すぐに相手をブロックしました。
結果的に、会わずに大正解でしたね!

ftnコラムニスト:六条京子