知らない病院から突然電話があると、驚いてしまいますよね。知人のA子は、夫が交通事故を起こして病院に運ばれたことを電話で知らされました。慌てて病院に行くと、そこで思わぬ事実が発覚! 今回は知人から聞いたドタバタ劇をご紹介します。

夫が交通事故で運ばれた!

A子のもとに、突然病院から電話がかかってきました。夫のB男が交通事故を起こし、病院に運ばれたと言うのです。
そのときB男は出張中で、運ばれたのも他県の病院。A子はすぐに病院を調べて駆けつけました。

A子は新幹線に乗って病院に向かう途中、ある疑問を抱きました。
B男から聞いていた出張先は地方都市ですが、病院はなぜか中心地から離れていたのです。

夫の秘密が発覚!

A子が抱いた疑問は、病院に着いて解決しました。
出張だと言っていたB男ですが、事故現場は温泉地。不倫旅行中にレンタカーで事故を起こしていたのです。
不倫発覚! しかも温泉旅行とは! と夫への心配が吹っ飛んだA子。ベッドに横たわるB男に白い目を向けました。

不倫がバレたB男は、妻に必死に言い訳をしました。「三途の川で死んだばあちゃんから妻を大事にしろと言われてこっちに戻ってきた! 俺は心を入れ替えた!」と言いましたが、B男のケガは骨にヒビが入っただけ。
三途の川なんて、訪れているわけがありません。
A子は「くだらない言い訳しないで。余計に腹が立つ……!」と静かにキレて、B男を震え上がらせました。

不倫相手と対決!?

不倫相手のC美も同乗していたため、同じ病院に運ばれていました。
B男は「C美とは別れる」と言っていますが、C美が同意するとは限りません。今後どうするつもりなのか問いただそうと、不倫相手の病室に向かいました。

C美の病室で見たのは、予想外の光景でした。
病室にはC美の両親が訪れていて、不倫を強く責めていたのです。
「いい年して善悪の判断がつかないなんて!」「家庭を壊すような娘を育てたつもりはない!」とC美に説教し、訪れたA子に深々と頭を下げたのです。
C美も両親の姿を見て反省したようで、泣きながら謝罪してB男と別れることを約束しました。

おばあちゃんの思し召し?

お互い本気ではなく、ゲーム感覚の不倫だったようです。
泣きじゃくるC美を見て、すっかり毒気を抜かれたA子。周囲には「甘い」と言われましたが、C美を慰謝料なしで許し、B男には夫婦での温泉旅行を約束させました。

事故により不倫が発覚しましたが、2人が深みにはまる前にわかって良かったのかも。それこそ、B男の亡くなったおばあちゃんの思し召しだったのかもしれませんね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:愉子