イベントが盛りだくさんの夏に向けて、「そろそろヘアスタイルをイメチェンしたい!」というオシャレ女子も多いですよね。今年は、トレンドの【ウルフカット】にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。どんなレングスさんにも取り入れられるので、「伸ばし途中なので長さは変えたくない」という方にもぴったり。ばっさり切ることなく、ワンランク上の垢抜け感がゲットできますよ♪

美しいひし形シルエットが特徴のウルフカット

ウルフカットとは、襟足部分にレイヤーを入れたヘアスタイルのことを指します。美しいひし形シルエットで小顔見せが狙えるだけでなく、毛先が軽く仕上がる分扱いやすいのもポイント。湿気による“うねり”や“広がり”が気になる梅雨シーズンにも良さそうです。さらに@motoshi0105wolfさん曰く、ウルフの雰囲気は「ウェイトの高さによって」ガラリと変わるのだとか。あなたに似合うウルフを見つけてみて。

「長くても可愛い」のがウルフカットの魅力

どのようなレングスでも取り入れられるのがウルフカットの魅力です。@motoshi0105wolfさんによると、トップを長めに残した「ネオウルフ」は「長くても可愛い」のが特徴なのだそう。ロングヘアさんも、こちらのスナップのように大胆にレイヤーカットを入れるだけでイメチェン完了。後ろ姿もグンと垢抜けそうです。

小顔見せが狙えそうなショートウルフも要チェック

ショートヘアにもウルフカットを取り入れることはもちろん可能です。ショートヘア特有のすっきり感とウルフカットの揺れ感は相性ばっちりだそう。こちらのスナップは、@t.ikeda214さんが「美シルエットな"小顔ネオウルフ"」に手がけました。後頭部の丸みが強調されて首筋がすっきりと見えるところも高ポイント。華奢見え効果にも期待ができそうですね。

ナチュラルなソフトウルフでさりげなく垢抜けちゃお

ウルフ初心者さんは、まずナチュラルな「ソフトウルフ」から挑戦してみるのもおすすめです。スタイリストの@vivo_ten6さんいわく、ソフトウルフなら「カジュアルだけど大人っぽさが可愛いウルフヘア」なので、「チャレンジしやすい」のだそう。地毛風のダークカラーとも相性が良く、さりげない垢抜け感がゲットできそうです。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@motoshi0105wolf様、@t.ikeda214様、@vivo_ten6様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:おきらら