お嫁さんを実の娘のように可愛がる姑もいれば、酷いいじめをしてくる姑がいる世の中。<お義母さんと仲良くなりたい>と思っていても、相手にその気がなければ中々難しいですよね。筆者の友人から聞いた、鬼畜な姑によるいじめ経験談をどうぞ。

夫にも義家族にも恵まれた新妻

私は、半年前に入籍したばかりの新妻。

夫も夫の家族も、優しく素敵な方々なかり。
交際時から仲良くしてくれ、適度な距離感で接してくれるのでとても嬉しかったです。

しかし、一人を除いては……。

鬼畜な姑によるいじめが酷かった

面倒だったのが、姑からの<嫁いびり>。

夫を溺愛していた姑は、私のことを泥棒猫扱い。
交際時から敵対視されていました。

そのため、会ってもわたしのことはフル無視。
口を開けば、チクチク言葉ばかり吐かれていました。

それでも私は何とかして仲良くなりたかったため、いじめに耐えていたのですが……。

姑が腐った食材を押し付けてくるように

入籍後は、陰湿ないじめがヒートアップしていったのです!

「それ全部あげるから」
「A子ちゃんへのプレゼントだから食べてね♡」

在宅ワークの私が家に一人でいる時を狙っていた姑。

許可なく来ては、腐っていたり消費期限が切れていたりする食材を押し付けてきました。

さすがに嫌がらせと気づいていた私は、ゴミに出すことに。

しかし、鬼姑はなんと勝手に家のゴミ箱まで漁って捨てていないか確認していたのです!

「これ、食べてないじゃない」
「せっかくプレゼントしたのに酷いわ」

そのことを【腐った食材】とは伝えずに夫や義家族に話していた姑。
いかにも<嫁が姑にイジワルしている>と被害者面していたのでした。

その話を夫から聞き、さすがに堪忍袋の緒が切れた私。
そこで復讐することに!

姑にだけ腐った食材を使い、スカッと撃退!

ある日、日頃の感謝を込めて、と義家族を家に招き食事会を開くことに。

豪華な手作り料理を次々と出し、美味しそうに食べていく義家族たちでしたが……。

「ちょっとこれ腐ってるじゃない!」
と声を荒げたのは姑。

それもそのはず、姑の料理にだけ、姑に押し付けられた食材を使っていたから。
私を罵倒してくる姑に反撃開始!

「でもこれ全部お義母さんが下さった食材ですよ?」
「昨日頂いたばかりなのに腐ってるだなんておかしいですね」
「全部確認しますね」

姑が嫌がらせで持ってきた食材を、その場でお披露目してやったのです!

「私こんなの持ってきてない」
と否定する姑でしたが、それも想定して昨日隠し撮りしていた動画を見せるとだんまりに。

義家族から叱られた姑は、それから二度と家に来ることはなくなりました。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:一瀬あい