若いうちに結婚するのが当たり前だった昭和、授かり婚や晩婚が気にならなくなってきた平成。この数十年、時代の変化とともに、男女の結婚への考え方もずいぶんと変わりました。では、令和の若者たちは結婚についてどのように考えているのでしょうか。男女別での本音を探ってみました。

どんな相手と結婚したい?

男性:性格や価値観が合う人
女性:一緒にいて楽しい人

ひと昔前ですと、男性は家庭的で可愛らしい人、女性は高学歴・高収入・高身長の人が理想的な結婚相手とされてきました。

しかし、令和においては男性も女性も相手に安心感を求めているようです。今は昔と違い、女性の社会進出がごく当たり前となっています。女性に家庭力を求めたり、男性の学歴や収入を重視しなくなってきたのは、こういった背景が関係しているからなのかもしれませんね。

理想的な結婚のタイミングは?

男性:30代半ば
女性:25〜26歳

「結婚をするもしないも個人の自由」といった考えが一般的になりつつあるこの時代、男性の理想的な結婚のタイミングは昔よりもかなり遅くなってきているようです。

一方、女性は妊娠・出産のリミットがあることから、昔と変わらず「結婚するなら若いうちに!」という考えを持つ方が多いようです。

プロポーズや結婚式は必要だと思う?

男性:プロポーズは必要だけど、結婚式はなしでもいいかな?
女性:女性によって考え方が異なる

男性にとって結婚は1つのけじめですから、凝った演出を取り入れずとも、とりあえず結婚したい意思は伝えておきたいのだそう。ただ、結婚式に必要性を感じている男性は少なく、「彼女が望むならやってもいいかな」程度に考える方が多いようです。

一方、女性はプロポーズや結婚式に関する考え方が、キラキラ女子とサバサバ女子で分かれる模様。

キラキラ女子は結婚に対する憧れが強く、プロポーズも結婚式も絶対に必要!と考える方が多いようですが、サバサバ女子はどちらかといえば男性の考えに近く、プロポーズはあったら嬉しいかな、結婚式は別にやらなくてもいいんじゃないかな、という考えの方が多いようです。

結婚って必要だと思う?

男性:したい人がすればいい
女性:したい人がすればいい

某CMのキャッチコピーでも話題になりましたが、今は結婚しなくても幸せになれる時代。

結婚が人生において絶対に必要と考える方は男女ともに少ないようです。また、自分に合う結婚の形を選択する方が増えてきており、事実婚や別居婚・週末婚などに対しても抵抗がないと考える方が多いようです。

みなさんはいかがでしたか。結婚への考え方は時代の変化とともにどんどん変わってきています。「結婚しなければよかった!」なんてことにならないよう、ぜひ自分と結婚観の合うパートナーを見つけてくださいね。

ftnコラムニスト:なべび