以前より美容成分としても注目されていた乳酸菌ですが、コロナ禍を期に韓国コスメを中心で話題に。最近もインナーケアや免疫力の救世主として人気が再加熱しています。そんな乳酸菌のパワーを活かしたコスメをピックアップ!

菌ケアで注目のブランド【KINS】の最新美容液

体の内外からの総合的な“菌ケア”を提案するブランド【KINS】からは、菌のバランスを整えながらお肌をケアする美容液をピックアップ。ツヤとうるおいの満たす乳酸桿菌/豆乳発酵液をベースとした6種類の菌由来成分のほかに、エイジングケア成分としてバクチオールを配合。お肌にいる常在菌のご機嫌がよければ、肌も上向きに!

乾燥からガードしてうるおい溢れる肌へ

【クリニーク】の人気シリーズ“モイスチャー サージ”のローションでも、乳酸菌(*1)が活躍! 安定的にうるおいやすい肌へと導いてくれます。とろみのあるテクスチャーは肌にのせるとしっとりとなじみ、角質層の奥深くまで浸透。乾燥が気になるこれからの季節にぴったりの1本です。

*1=乳酸桿菌発酵液:整肌成分

クリニーク お客様相談室
0570-003-770

メイク崩れを防ぎながら、乳酸菌ウォーター(*2)パワーでうるおい続く

クッションファンデのパイオニアでもある【ミシャ】が展開するメイクキープコスメにも独自の乳酸菌ウォーター(*2)が仕込まれています。これによって美容液のようなうるおいを実現可能に。みずみずしいジェルコートがメイクの粉うき、乾燥崩れ、つっぱり感を防いで、外的ダメージからもお肌をしっかりガード。

*2=保湿成分:アセロラチェリー発酵液、乳酸桿菌/ザクロ果実発酵エキス、乳酸桿菌/ダイズ発酵エキス、乳酸桿菌培養溶解質、乳酸球菌培養溶解質、乳酸球菌培養液、乳酸桿菌発酵液、精製水

ミシャジャパン
0120-348-154

乳酸菌で肌バリアをケアする韓国発の美容液

韓国の大手ドラッグストア・オリーブヤング全店で発売直後に販売数1位を獲得した伝説の美容液がこちら。肌バリアの強化をサポートするビフィズス菌培養溶解質と肌環境を整えるマイクロバイオーム(*3)を配合し、10種のヒアルロン酸でツヤ肌へ。

*3=肌に存在する多様な微生物の生態系のこと

乳酸菌といえば! ヤクルトが手がけるスキンケア

乳酸菌飲料でおなじみのヤクルトが手がけるスキンケアシリーズ【ラクトデュウ】にも、たっぷりとそのパワーが込めまれています。“ヤクルト”が瓶で販売されていた時代、瓶を洗浄するスタッフの手が水仕事を続けているのになめらかでした。そんなことも後押しして研究を進めた結果、お肌に効果の高いうるおいを生み出す乳酸菌を発見。その後、この乳酸菌から作り出された独自の保湿成分を配合したスキンケアラインが誕生しました。説得力しかないエピソード。これは試してみるしかありません。

ヤクルト ビューティエンス
0120-8960-81

インナーケアでうるおい肌と健やかな腸を手に入れる

1粒に米由来の乳酸菌1000億個を配合したサプリメントは、お通じ改善だけではなく、お肌のうるおい保持も期待できる救世主アイテム。菊芋エキス末、セレミド含有醤油粕エキス末、カプセル素材などすべてにおいて植物由来にこだわった処方に。

エディターが乳酸菌インナーケアを1か月間お試し!

ひと足お先にいただいた【スキンモイストキープ】を1か月飲み続けてみた結果、肌トラブルを感じる機会が減り、毎日快便。夕方になると襲われていた疲れも軽減し、語尾に「♪」がつくような毎日に過ごせました! 幸せホルモンの代表でもある「セロトニン」の90%は腸で作られているので、腸内環境が整った結果、なんだかいつも機嫌がいい状態になったのではと分析。リピ買い決定です!

体内外からケアしてくれ乳酸菌。体も肌も疲れを感じやすい季節の変わり目、乳酸菌の力を借りて乗り切りましょう。

※価格はすべて税込みです
※使用感は個人の感想が含まれます

Senior Writer:Hiroko Ishiwata