「女の敵は女」という言葉を聞いたことはありますか?なんでも女性は異性より同性に対して敵対心を持ちやすいのだとか。今回は、そんな女性同士のトラブルに巻き込まれてしまったSさんのお話をご紹介します。

憧れのお仕事!夢いっぱいで入社したはずだったが…

憧れのコスメブランドのビューティアドバイザーになったSさん。忙しくても大好きなコスメに関われて充実した日々。しかしある悩みが…。それは職場の店長にいじめられていること。ことある事に嫌味を言い、雑用を押し付けてくるのです。「なにそのメイク、センス無いわ(笑)」「仕事遅すぎてびっくりする。あー暇な人はいいね〜(笑)」周りも店長が怖くて助けてくれません…。初めは「自分は1番下だし、頑張らなきゃ!」と必死になっていましたが、こんな日々が続くと心がすり減っていくばかり…。

出来る女の登場!新入社員のF子さん

それでも頑張って1年過ぎた頃、新入社員のF子さんが入社。かなり年上だけど美人で明るく、仕事も早い。いつも優しくて、一緒に仕事をするのが楽しくなってきました。しかし…

いわゆる「出来る女」のF子さんと比べられることが増えてしまい、さらに店長のいじめが酷くなってしまったのです…。

大好きな仕事だけど辞めようか…そう悩んでいた時、ある事件が起きます。

店長が休みの日に、店長のお得意様が来られてSさんが対応したところ、大変満足して色々購入されたそう。しかし後からそれを知った店長は大激怒!!「人の客とりやがって!お前みたいなブスが調子乗んなよ!」ボロボロ涙をこぼすSさんにお構い無しに、店長の罵倒は続きます―…。

もう辞めよう…そう思っていたら、救世主登場!

するとそこにF子さんがやってきて「Sさんは毎回丁寧な接客でリピーター率も高いですよね?細かい掃除や気配りも素晴らしいと思います。それなのに、店長が日頃からSさんへの当たりが異様にキツいことが気になってました。周りも萎縮しています。それで店長が務まるのですか?」
店長は怒りで震えていましたが、F子さんもかなりお怒りの様子。「こんな陰湿ないじめ、いい大人がやってて恥ずかしくないんですか?」

結局その日はかなり険悪なムードで終わりましたが、驚いたのはこの後のこと。

次の日から気まずい空気でしたが、「Sさん、あと1ヶ月だけ頑張れそうかな?」とF子さん。不思議に思いましたが、頑張ってみることにしました。

そうして1ヶ月過ぎた後、休み明けに出勤すると…あれ?店長がいない。

F子さんに聞くと「あ、店長は異動になりましたよ!でもそれが気に食わなかったみたいで、もうこんな職場辞めてやる!って怒って急に辞めちゃいました(笑)」どういう事…???

なんとF子さんは、若い頃にここの本社の人事部に勤務していたのです。家庭の事情で退職しましたが、仕事復帰する際に「どうしても現場で働いてみたい!」と本社に相談し、ここに来たのだとか。「ずっと見てたけど、もう我慢ならなくて。人事部の上司に言っちゃった(笑)あなたは本当に頑張り屋さんで素晴らしいわ、これからも一緒に、色々教えてくださいね!」そう微笑むF子さんに、Sさんは涙が止まりませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?その後Sさんは結婚し退職していますが、F子さんとは今でも遊びに行ったりと仲良くされてるそうです。

世の中気の合う人ばかりではありません。店長のように気の強い方も多いでしょう。
「女の敵は女」それでも、味方になってくれるのもまた、強い女性なのかもしれませんね。

ftnコラムニスト:Yukky111