LINEの誤送信で破局…。一見普通にありそうな話かと思いますよね。しかし今回ご紹介するのは、全然関係ない他人の誤送信で破局するという、ありえない体験をしてしまったS子さんのお話です。

絶対浮気してるよね…!?彼に届いたラブラブLINE

S子さんと同棲中の彼氏R君は、あまりお酒を飲まないタイプ。そんなR君が珍しく飲み会に行ってきた日のこと。夜中に「今日はありがとう♡お土産も渡したいし、またすぐ会おうね♡大好き♡」と、知らない女性からラブラブLINEが届いたのです…!すぐさまR君を叩き起こして問い詰めるも、「ただの女友達。浮気はしていない!」と言う…。

普段行かない飲み会にも行っていたし、もしかしてその女と飲んでいたの…!?と、タイミング的にもR君を信じられなかったS子さん。あまりのショックでその日は一睡もできなかったそう…。

どんどん深まる二人の溝…

その日からかなり険悪な雰囲気になってしまった二人。怒りのあまり喧嘩腰になってしまうS子さんに対し、普段穏やかなR君もだんだん声を荒げるように。浮気をした・していないの押し問答が続いたので、「そこまで言うなら、その女友達に電話するからお前が話せよ!」とR君がその女性に電話をかけたのですが、何度かけても電話に出ません。「彼女がお前との浮気を疑っているから、一度電話に出てほしい。」そうLINEを送るも返信無し…。

ついに一言も話さなくなった3日目。浮気を隠す挙句にシラを切り続けるなんて…許せない…!S子さんは怒り続けていました…。

え!?そんなことある?事件の真相はまさかの…!?

事件から3日目の夜、ついに女友達から電話が!

「S子さんごめんなさい!あのLINEは私の彼に送るつもりが、間違ってR君に送ってすぐ寝てしまって…。」「次の日朝から旅行で慌てて出発したから、ケータイを忘れて出てしまい…。連絡が遅くなったし、誤解させて本当にごめんなさい!」と、ただひたすらに平謝りされるではありませんか…!

つまりあのラブラブLINEは女友達の誤送信で、R君は本当に浮気など一切していなかったのです。無事解決したのでさぁ仲直り…というわけにもいかず、なんだかギクシャクする二人。R君はというと、この3日間やってもいない浮気を疑われ、何を言っても怒り狂うS子さんに冷めてきてしまっていて…。

結局この後、数カ月も経たずに二人は別れる羽目に―…。

まとめ

他人に運命を狂わされてしまった二人ですが、結局彼氏の事を信じきれなかったということが一番の敗因ではないでしょうか。つまり今回のことが無くても、いつかは別れが来ていたのかも…?

相手の意見に耳を傾けることも大切。疑いたくなったら、まずは一呼吸して冷静に対応しましょう。

ftnコラムニスト:Yukky111