ネオウルフは、ナチュラルレイヤーが魅力のヘアスタイル。黒髪のままでも、今っぽいおしゃれを楽しめるスタイリングが人気です。今回はネオウルフ×黒髪に焦点を当て、おすすめイマドキスタイルを紹介します。

ネオウルフとは?

モードな雰囲気の強いウルフカットですが、ネオウルフは、控えめなレイヤーが特徴。髪全体がふんわり丸いシルエットになるため、大人女性らしい雰囲気を演出できます。ウルフ感を控えめにしたい人や、初めてウルフカットに挑戦する人にピッタリのスタイルです。

ネオウルフ×黒髪のメリット

ネオウルフは、ふんわり軽い質感が魅力のウルフスタイル。重たくなりがちな黒髪と合わせても、今っぽいこなれスタイルが手に入ります。また黒髪の魅力を活かして、より大人っぽい雰囲気を演出できる点が魅力です。

ここでは、ネオウルフ×黒髪のメリットや、魅力ポイントを紹介します。

●髪全体が重くならない

黒髪はヘアスタイルによって、髪全体が重くなる可能性があります。しかし、ネオウルフなら、重く見えてしまう心配はありません。レイヤーを取り入れているため、髪全体が軽やかな印象となります。黒髪のままでもおしゃれを楽しみたい人や、黒髪に似合うヘアスタイルを探している人におすすめです。

またネオウルフは、髪のトップから顔周りにかけて、ボリュームを作りやすい点がポイント。顔周りにレイヤーを入れると、小顔シルエットを作りやすくなります。ひし形シルエットは、おしゃれ女性の間で人気の小顔見せスタイル。黒髪に合わせると、顔周りに動きが生まれるため、垢抜けた印象が手に入ります。

●色っぽい雰囲気を演出できる

黒髪はツヤ感を活かして、色っぽい雰囲気を演出できる点も魅力です。控えめレイヤーが入っているため、程よい肩の力が抜けたスタイルが手に入ります。抜け感のあるネオウルフに合わせて、大人リラクシーな印象を演出しましょう。大人っぽい雰囲気を手に入れたい人や、黒髪のツヤ感を活かしたい人にピッタリです。

またネオウルフは、レイヤーの位置や範囲を自由に調節できます。より色っぽい雰囲気にするなら、顔周りから襟足にかけて、大きくレイヤーを入れるスタイルがおすすめです。ウルフ感が増すため、大人モードな印象を演出できます。

ネオウルフ×黒髪のイマドキスタイル

黒髪ストレートでも、今っぽい雰囲気を演出できるネオウルフ。レイヤーを入れているため、スタイリングなしでも綺麗なシルエットが手に入ります。しかし、よりトレンド感たっぷりに仕上げるなら、髪に動きをつけるスタイリングがおすすめです。

ここでは、ネオウルフ×黒髪のイマドキスタイルを紹介します。

●髪のトップはふんわりさせる

黒髪のネオウルフは、髪のトップをふんわりさせることが大切です。他の髪色に比べて、黒髪は重く見えやすい点が特徴。髪のトップに動きをつけて、髪全体を軽やかな印象に仕上げましょう。レイヤーを高い位置に入れると、髪全体のボリュームが出やすくなります。

髪のトップは、アイロンやコテを使い、ふんわり感をしっかり出しましょう。髪のトップにもレイヤーが入っているため、アイロンでも十分ふんわり感を出せます。アイロンを使う場合は、髪の表面を手に取り、ふんわり被せるように内側に巻きましょう。小顔効果を狙うなら、あわせて顔周りにも動きをつけるのがおすすめ。コテで外巻きにすると、垢抜けた印象が手に入ります。

●前髪は透け感を出す

前髪は、透け感を出せるスタイルがおすすめです。シースルーバングのように隙間を作ると、今っぽい雰囲気を演出できます。韓国で発祥したシースルーバングは、SNSでも人気の前髪アレンジ。顔の縦ラインを強調できるため、小顔効果が期待できます。

ネオウルフの軽い質感に合わせるなら、前髪も軽く動きをつけることが大切です。アイロンやコテを使い、内側にワンカールさせるだけでも、動きのあるスタイルに仕上がります。前髪を左右どちらかに流して、大人っぽいスタイルに仕上げてもいいでしょう。

もし前髪なしスタイルに合わせるなら、かきあげバングがおすすめ。根元からふんわり立ち上げると、立体感のあるスタイルが手に入ります。

●スタイリング剤でツヤ感をプラス

黒髪ネオウルフは、仕上げのスタイリング剤が大切です。使用するスタイリング剤によって、髪の印象は変わります。黒髪の魅力を活かすなら、ツヤ感をプラスできるスタイリング剤がおすすめです。

オイルタイプのスタイリング剤は、ツヤ感をプラスできるだけではなく、ウェット感あふれるスタイルが手に入ります。仕上げに少量ずつ手に取り、髪全体につけましょう。シースルーバングを作る場合は、オイルで束感を作ると、今っぽい雰囲気を演出できます。

ネオウルフ×黒髪のおしゃ見えアレンジ

ネオウルフは、ナチュラルスタイルであるからこそ、さまざまなアレンジと組み合わせできます。そのなかでも、黒髪に似合うアレンジをまとめました。

どのアレンジも簡単にできるため、スタイリングが苦手な人でも気軽に挑戦できます。オフィススタイルや休日のお出かけに合わせて、おしゃ見えアレンジを楽しみましょう。

●ネオウルフ×外ハネ

外ハネは、アレンジが苦手な人におすすめの簡単アレンジです。外ハネはアイロンやコテを使い、毛先を外側にワンカールさせるだけで完成します。誰でも簡単にできるアレンジ方法で、こなれ感たっぷりのスタイルに仕上がる点が魅力です。

また外ハネは、顔の輪郭をカバーする小顔効果もバツグン。顔に集まりやすい視線を分散する効果があるため、顔の輪郭が気になる人にもピッタリです。

黒髪ネオウルフに組み合わせる場合は、小顔見せできるひし形シルエットがおすすめ。顔周りはアイロンやコテで内側に巻き、ボリュームをたっぷり作りましょう。毛先は外ハネにすると、首回りでキュッとくびれができます。毛先まで動きがつくため、顔全体が軽やかな印象に。外ハネで程よい抜け感をプラスして、大人ナチュラルな雰囲気に仕上げましょう。

●ネオウルフ×無造作スタイル

無造作スタイルとは、コテを使い、髪全体をラフな印象に巻くアレンジのことです。レイヤーの入っているネオウルフなら、ラフな無造作スタイルでもバッチリおしゃれに見えます。程よい肩の力が抜けたスタイルで、大人リラクシーな雰囲気を手に入れたい人におすすめです。

より大人っぽい雰囲気に仕上げるなら、クールな黒髪に合わせて、ウルフ感たっぷりの印象に仕上げましょう。顔周りから襟足まで、レイヤーをたっぷり入れると、モードな雰囲気を演出できます。仕上げはワックスのスタイリング剤を手に取り、ウェット感たっぷりのトレンドスタイルに仕上げましょう。

●ネオウルフ×韓国風スタイル

おしゃ見えを狙うなら、韓国風スタイルは外せないアレンジです。おしゃれ女性の間で人気の韓国風スタイルは、今っぽい抜け感をたっぷり出せます。

またネオウルフは、顔周りに動きをつけやすいため、韓国風スタイルと相性バツグンです。顔周りに大きくレイヤーを入れると、韓国風スタイルを作りやすくなります。

韓国風スタイルは、コテを使い、顔周りをしっかり巻きましょう。顔周りは外巻きにして、大きくウェーブを作ります。前髪はシースルーバングにすると、より韓国アイドルらしいスタイルに。仕上げにオイルで束感を作り、今っぽい雰囲気に仕上げましょう。

まとめ

今回は、ネオウルフ×黒髪の魅力や、おすすめイマドキスタイルを紹介しました。ヘアスタイルによって、重く見えがちな黒髪。ネオウルフなら、ふんわり軽い印象に仕上がります。また黒髪のツヤ感を活かして、大人っぽい雰囲気を演出できる点が魅力です。

黒髪のネオウルフは、髪全体に動きをつけるアレンジで、簡単におしゃ見えできます。今回紹介した簡単アレンジで、トレンド感たっぷりのネオウルフを楽しんではいかがでしょうか。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@motoshi0105wolf様、@nakamura_ryuta様、@cxcxrx_seki様、@haruka061444様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。