SNSや雑誌などでもよく見かける【レイヤーウルフ】。軽やかで立体的な印象になり、ワンランク上のおしゃれを楽しめるヘアスタイルなんです。そこで今回は、夏にイメチェンするならぜひトライしてほしいレイヤーウルフをピックアップ。今っぽくするコツを押さえておきましょう♡

ダークへアもあか抜ける「メリハリウルフ」

美容師の@endokazuma06さんが提案するレイヤーウルフは、「家に帰っても扱いやすい髪型」「巻いても巻かなくてもかわいい髪型」がコンセプトです。トップは丸みを付け、ふんわりと内側にスタイリングするのがポイント。襟足は軽くしてメリハリをつけるとおしゃれ上級者に♡

エアリーで軽やかな「好感度アップウルフ」

レイヤーで軽やかな動きをプラスするウルフカットは、薄着になる夏コーデにぴったりのへアスタイルです。マスク生活で顔まわりが重くなるため、顎ラインに動きを出すと立体感がアップ。@endokazuma06さん曰く「長さは変えたくないけどイメージを変えたい」という方に最適なのだとか。ポジティブに伸ばしかけを楽しみましょう♪

ナチュラルにかわいい「ソフトウルフ」

美容師の@vivo_ten6さんがおすすめするのは「カジュアルだけど大人っぽさが可愛いウルフヘア」。ウルフというカッコいい響きとは裏腹に、柔らかく女性らしいニュアンスを醸し出しています。透明感あるヘアカラーと合わせると、オフィスにもなじみやすいスタイルに着地しそう。

ぱつっと前髪と組み合わせ「デザインウルフ」

今年はとにかく、顔まわりをデザインするレイヤーウルフがイチオシなのだとか♡ ぱつっと切った前髪と組み合わせると、より一層個性を打ち出せますよ。「顔まわりのシャギー的なニュアンスと、レイヤーのバランスが可愛い」と、美容師の@cxcxrx_sekiさん。ロングヘアが今っぽくイメチェンされますね。

夏こそレイヤーウルフを楽しみたい♪

夏のイメチェンに推す【レイヤーウルフ】。顔まわりに計算されたデザインをほどこすことで、より今っぽく更新されるかも。ぜひ、レイヤーウルフで夏を楽しんでくださいね♡

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@endokazuma06様、@vivo_ten6様、@cxcxrx_seki様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:sara