これは私が10年以上前に実際に体験したお話です。親友の不倫相手に驚きすぎて受け止めきれず、絶縁することにしました。

大人しくて優しい同僚のA子

私は、父が経営する小さな会社で仕事をしていました。社員のA子はとても大人しくて目立たないけど優しい女性。年齢が同じで、10年以上公私ともに仲良くしていました。

A子とは仕事で切磋琢磨し合える関係で、私に特別気を遣うことなく等身大の意見をくれる貴重な存在でした。喧嘩をしてもすぐに仲直りができる、親友とも呼べる良い関係だったのです。父も私たちが仲良くしているのを、微笑ましく見守っていました。
あの日の朝までは……。

知りたくなかった衝撃の事実

ある日A子が出社した時のこと、いつもは質素だけど清潔感がある上品なA子なのに、髪はボサボサでノーメイクのやつれた姿で出社しました。動揺している様子で、何か深刻な問題が起きたのは明らかでした。私はA子にどうしたのか聞くと、

A子「私、今日で会社を辞めます。これまで本当にありがとう」
私「え!? どうして?」
A子「実はあなたのお父さんと不倫関係でした。他の男性と婚約したのであなたのお父さんとの関係を終わらせるために、さっきまで話し合っていたの。あなたとあなたの家族を裏切ってしまってごめんなさい。」
私「!!!……。」

絶句でした。私は10年以上2人の関係に全く気づかず、まさに青天の霹靂。ショックで頭が真っ白になってしまったのです。別れたくない父とA子の婚約者が言い争いになり、収拾がつかず朝まで父がA子の家に入り浸っていたと聞きました。

心の傷は計り知れず

A子「私、恋愛したことなくて恋愛に興味があったんだ。あなたのお父さんのこと、素敵だなって思ってしまった。でも結婚できないから忘れようと思っていたら、本当に結婚したい人が現れたんだ。」

あまりに身勝手な言い分だなと思いました。でも、初めての恋愛でどうしたらいいのかわからない中で関係が進んでしまったのなら、悪いのは父ではないか。いろんな思いが頭の中をよぎりました。

結局A子が会社を辞めた後、父は憔悴し社内は人手不足に陥りました。他の社員には申し訳なかったのですが、私は誰にも相談できない苦痛に耐えきれず、実家を出て会社を辞め絶縁状態に。親友だった大切な人に裏切られ、結婚を祝うこともできませんでした。今でも、父に対する私の心は固く閉ざされたままです。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:鈴木まさ美