前髪は人の印象を変えるため、前髪を作るか作らないかは重要なポイント。ショートヘアの人や、これからショートヘアにチャレンジしたい人の中にも前髪で悩む人も少なくないでしょう。そこで今回は、ショートヘア×前髪なしの魅力や、丸顔や面長を小顔に見せるためのポイント、それぞれに似合うスタイル、ショートヘア×前髪なしおすすめのヘアスタイルをご紹介します。

ショートヘア×前髪なしの魅力

「ショートヘア」とは短い髪型の総称。ベリーショートやショートボブもショートヘアの一種ですが、一般的に耳がギリギリ隠れる程度の長さを「ショートヘア」と言います。

ショートヘア×前髪なしの魅力は、大きく分けて次の3つです。

  • 大人の色気を出せる
  • 知的で凛と印象になる
  • 面長や丸顔の顔型をカバーできる

●大人の色気を出せる

ショートヘアに限らず、前髪を作らないヘアスタイルにする最大のメリットは、「大人っぽくなる」というところ。かき上げ前髪にするとセクシーさも出すことができます。

さっぱりとした印象になりやすいショートスタイルに、大人っぽさや色気をプラスしたい人には、前髪なしのショートスタイルにするのがおすすめです。

●知的で凛と印象になる

前髪なしスタイルは、大人っぽいセクシーな印象だけでなく、知的で凛とした印象も与えます。

可愛いさよりも大人っぽさや知的な印象を与えたいという人にはぴったりです。

●顔型をカバーできる

丸顔で顔の横幅が気になる人にとって前髪なしスタイルは、縦長に見せる効果があるため小顔効果があります。

面長に前髪なしスタイルは似合わないと言われることもありますが、ポイントを押さえることで面長を小顔に見せることも可能です。

丸顔・面長を小顔に見せるポイント・似合うスタイル

丸顔や面長で悩んでいる人が、ショートヘア×前髪なしで小顔に見せるためには、押さえておきたいポイントがあります。顔型別の小顔に見せるポイントは、以下のとおり。

  • 丸顔は顔全体を縦長に見せる
  • 面長は顔全体を横長に見せる

丸顔と面長、それぞれ小顔に見せるポイント・似合うスタイルを見ていきましょう。

●【丸顔】顔全体を縦長に見せる

丸顔とは顔の縦と横の長さがほぼ同じで、頬がふっくらした顔型のことを指します。可愛らしく優しい印象を与える一方、顔が大きく見えたり太って見えてしまうデメリットも。

丸顔のコンプレックスを解消するためには、顔周りを髪で包み込むこと。丸とは真逆の縦長のストレートラインを意識するのがポイントです。

前髪なしのスタイルは縦のラインを強調するため、丸顔をすっきりと見せる効果があります。センターパートなどで縦ラインを意識して小顔に見せましょう。

サイドの毛で頬を覆えば、気になる部分をカバーできます。まっすぐに伸びたストレートヘアにすると、より縦長に見せる効果がアップしますよ。

●【面長】顔全体を横長に見せる

面長とは顔が縦長、もしくは長く見える特徴を持った顔立ちのこと。顔に肉がつきにくいタイプの人も、輪郭がシャープになり面長に見える場合も。

面長を気にならなくするためには、横長に見せるのがポイント。前髪なしのショートスタイルは、縦のラインが強調されるため「似合わないのでは」と思ってしまいがちかもしれません。

しかし、顔周りの毛を後ろ側に流し後頭部をふんわりさせると、縦長になりがちなシルエットが中和され、目立たなくなります。サイドの髪の毛を耳にかけるスタイルも、横にボリュームが出るため面長をカバーできますよ。

また、センターで前髪を分けると縦のラインが強調されてしまうので、センターより少しずらすのがおすすめです。

ショートヘア×前髪なしおすすめのヘアスタイル

前髪なしというとあまりアレンジができないイメージもありますが、そのようなことはありません。

ショートヘア×前髪なしのスタイルは、カラーやセットの仕方などで雰囲気が大きく変わります。

早速、ショートヘア×前髪なしにぴったりのヘアスタイルを見ていきましょう。

●ボリュームを抑えてナチュラルに仕上げる

ボリュームを押さえたサラサラストレートのショートヘア×前髪なしスタイルは、ナチュラルな印象を与えます。

ドライヤーで前髪の根本を少し立ち上げると、おでこの奥行きが出て丸みのある女性らしい印象に。シルエットもキレイに決まります。

●黒髪は丸みを出すのがおすすめ

黒髪ストレートのショートヘアの人は、少し丸みを出すのがおしゃれに仕上げるポイント。コテやストレートアイロンを使うとキレイに仕上がります。

●前髪だけウェーブで大人の色香を

短いレングスのショートスタイルは、コンパクトなシルエットになりがち。

ショートヘアの前髪部分にウェーブを取り入れると、髪の毛に動きが出てふんわりとした印象に。物足りなさを補い華やかさをプラスできます。

また、すっきりしたハンサムショートに甘さを加えたい時もウェーブをつけるのがおすすめ。トップからウェーブをつけることで、ふんわりとした毛流れができ程よい甘さがプラスされます。

●ハイライトで立体感アップ

前髪なしのショートスタイルは、動きをつけにくい点がネックです。しかし、ハイライトを入れることで、立体感を持たせることができます。ハイライトとは、ベースの髪の色よりも明るい色をまばらに入れていくカラー方法のこと。

暗めのショートスタイルにも、ハイライトを入れることで軽さとヌケ感を与えることができます。ハイライトは髪を部分的に染めるため、全体を染めるよりもダメージが少ないメリットも。

「髪の明るさはあまり変えたくないけど、少し変化をつけたい」という時にもハイライトはおすすめです。

●イヤリングカラーでアクセントを

イヤリングカラーとは、耳周りにベースの色と違う色を入れるニュアンスカラーのこと。

イヤリングカラーは、髪を下ろしているとほとんど見えないのも人気の理由。職場でもこれなら大丈夫という人も多いはず。髪を耳にかければ見せられるので、簡単にイメチェンを楽しめます。

まとめ

今回は、ショートヘアの前髪なしスタイルについて紹介しました。前髪なしのショートスタイルは、爽やかなショートヘアに大人っぽさや色気、知的な凛とした印象をプラスできます。

また、顔型の悩みをカバーできるのも前髪なしのショートヘアの魅力です。今回紹介したヘアスタイルを参考に、前髪なし×ショートヘアに挑戦してみてはいかがでしょうか。