年齢を重ねても女心を忘れないのは良い事。綺麗なご婦人には憧れますが、余り度が過ぎると……⁉

元モデルの高齢夫人

以前、私が所属していたサークルの主催者、A夫人。
当時78歳でしたが元モデルとあって美しく、最初は「素敵な人」と憧れていました。

そのサークルは音楽系で、色んな分野のバンドが所属。年齢はバラバラ、男女比はやや男が多め。

入会当初は和気あいあいしていると思っていたのですが……。

女である事を最優先

A夫人はもちろん既婚者。50年以上連れ添った渋い旦那様がいました。
でも、旦那様の影は薄めで、A夫人はやりたい放題。

そして、A夫人の口は「だって女なんだから」。
余り女らしくない私は何度も注意されました。

女であり続ける事はもちろん素晴らしいんですが……。

男性陣は戦々恐々

サークルの男性陣、特に40代は突然辞める人が多くて不思議に思ってました。
そして、ある時、古株の女性から聞いた話にビックリ。
「2人っきりになると迫るらしいのよ」

迫られた男性はたいてい「そういうのはちょっと」となりますが中には深い関係になった人もいるとか。
「離婚騒ぎになった人もいるのよ」と呆れ顔の古株女性。

何事も度が過ぎるのは良くありません

その後も何人か辞める男性がいました。40代が多いのはA夫人の好みの年代だから。
「だって女なんだからぁ」と言うA夫人の顔。今でも忘れられません。

女である事を優先するのは決して悪い事ではありません。むしろ歳を取っても美しくあるのは素晴らしい事。
でも、無理矢理不倫はオススメできません。

ftnコラムニスト:kanonmaru