オルチャンといえば、韓国で顔が整っている女性や、男性を表す造語として有名です。SNSでは、美しくなれるオルチャンヘアが人気急上昇中。オルチャンヘアで、トレンドたっぷりに仕上げる韓国スタイルが人気です。今回は、オルチャンヘアの基本や魅力をまとめました。オルチャンヘアの作り方についても紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

オルチャンヘアとは

そもそもオルチャンとは、顔の意味をもつ「オルグル」と、最高を意味する「チャン」を合わせた造語です。直訳は「最高の顔」という意味ですが、顔が美しく綺麗な男女を指します。

つまりオルチャンヘアとは、オルチャンのように美しくなれるヘアスタイルのことです。韓国アイドルのように華やかで、今っぽい雰囲気が手に入るため、おしゃれ女性の間で人気が高まっています。

オルチャンヘアの今っぽい作り方

オルチャンヘアは、髪全体のシルエットが特徴のヘアスタイル。顔周りに大きくカールを作り、華やかな印象にスタイリングします。

また髪全体にボリュームをもたせるため、毛先のウェイトは重めにする点もポイント。今っぽい雰囲気を作るなら、アイロンやコテを使い、髪全体に動きをつけるスタイリングがおすすめです。

ここでは、オルチャンヘアの今っぽい作り方を紹介します。

●前髪も韓国アレンジを意識

今っぽいオルチャンヘアを作るなら、前髪も韓国っぽさを取り入れましょう。前髪を韓国アレンジに変えるだけでも、髪全体の雰囲気は大きく変わります。

オルチャンヘアのなかでも、シースルーバングは欠かせない前髪アレンジ。オルチャンヘアは毛先が重いため、シースルーバングで抜け感を作ると、髪全体がふんわり軽い印象に仕上がります。前髪ありのアレンジは、アイロンやコテでふんわり巻いて、抜け感を出しましょう。

より大人っぽい雰囲気に仕上げるなら、前髪なしアレンジがおすすめです。前髪なしアレンジは、サイドに自然に流せるよう、動きをつけることが大切。そのなかでも、前髪を左右に分けるセンターパートや、外ハネで作るフェザーバングが人気です。どちらも軽い質感に仕上がるため、重めサイドヘアと合わせると、程よいバランスが生まれます。

●顔周りはコテでしっかり巻く

オルチャンヘアは、顔周りのボリュームがポイント。顔周りにボリュームを作り、立体感のあるシルエットに仕上げます。今っぽいオルチャンヘアを作るなら、顔周りはコテでしっかり巻きましょう。

コテで巻く際は、髪の毛をブロッキングして、巻きやすい状態を作ることが大切です。ダッカール(ヘアクリップ)を使い、髪の毛を上下に分けます。顔周りはコテで外巻きにして、S字を描くように大きなカールを作りましょう。また毛先を外ハネにすると、トレンド感が一気にあがります。

●韓国カラーで今っぽく

より韓国っぽいオルチャンヘアを作るなら、韓国カラーを取り入れるのがおすすめ。韓国カラーは、髪の毛のツヤ感を出せる色味が人気です。

韓国アイドルらしい大胆なカラーを選ぶと、いつもと違う自分を楽しめます。ピンク系やブロンド系カラーを選び、存在感のあるヘアスタイルを楽しみましょう。オフィススタイルなら、ラベンダーや、ブルーカラーがおすすめ。黒髪に近い暗髪カラーと合わせると、ツヤ感をたっぷり出せます。

また髪全体ではなく、前髪から顔周り部分を染めるミストバングも人気です。ミストバングは、顔周りに立体感が生まれるため、小顔効果もバツグン。顔周りが明るくなるため、華やかな印象を演出できます。ミストバングを合わせるなら、ベースは黒髪に近いカラーを選ぶのがおすすめ。ミストバングは、ベージュやゴールドカラーがトレンドです。

【ショート・ボブ】オルチャンヘア

オルチャンヘアは、レングスによって、異なる雰囲気を楽しめます。毛先が重いオルチャンヘアですが、ショート・ボブヘアなら、髪全体がふんわり軽い印象に。レングスが短いため、まとまりのあるシルエットを作りやすい点が魅力です。

レングス別に分けて、まずはショート・ボブのオルチャンヘアを紹介します。

●ハッシュカット

ハッシュカットとは、襟足にレイヤーを入れるスタイルのこと。日本で人気のウルフカットに似ているスタイルですが、ハッシュカットは、毛先を重めにスタイリングします。クールな印象や、大人カジュアルな雰囲気を手に入れたい人におすすめです。

ハッシュカットの魅力は、簡単スタイリングでおしゃれを楽しめること。髪全体にレイヤーを入れているため、スタイリング剤をつけるだけで完成します。スタイリング剤は、ツヤ感が出やすいオイルタイプがおすすめ。トレンドのウェット感を意識して、ラフに仕上げましょう。

●タンバルモリ

ダンバルモリとは、日本のおかっぱヘアに似たスタイルのこと。髪全体を同じ長さに揃えるワンレンスタイルで、ボリュームのある毛先を作ります。綺麗な丸いシルエットに仕上げたい人や、キュートな雰囲気を手に入れたい人におすすめです。

ダンバルモリのスタイリングは、コテを使い、毛先を内側にワンカールさせましょう。髪全体がふんわり丸いシルエットとなり、まとまりのあるスタイルが完成します。また毛先が重いため、前髪はシースルーバングで軽い印象に。束間を意識して作ると、こなれ感たっぷりのスタイルに仕上がります。

●タッセルカット

タッセルカットは、毛先をぷつっと切り揃えたようなカットスタイルのこと。日本でもトレンドの切りっぱなしボブに似たスタイルです。ボブの丸みを活かしつつ、毛先はタイトにスタイリングします。甘辛MIXスタイルを楽しみたい人や、カジュアルな雰囲気に仕上げたい人におすすめです。

タッセルカットは、個性的なカットスタイルであるため、そのままでも十分おしゃ見えできます。今っぽく仕上げるなら、外ハネのアレンジがおすすめ。毛先を外側にワンカールさせるだけで、トレンドの抜け感をたっぷり出せます。

【ミディアム・ロング】オルチャンヘア

より顔周りを華やかな印象にするなら、ミディアム・ロングヘアがおすすめです。レングスが長いため、顔周りをコテで巻いて、綺麗なシルエットを作れます。顔周りに動きをつけて、小顔見せできる点も魅力です。

ここでは、ミディアム・ロングのオルチャンヘアを紹介します。

●エギョモリ

エギョモリとは、顔周りを大きく巻いて、くびれを作るスタイルのこと。顔の輪郭をカバーできるため、小顔見せできるスタイルとして人気です。また顔周りに動きがつくため、黒髪でも垢抜けた印象となります。

エギョモリのスタイリングは、顔周りのボリューム感がポイント。顔周りをコテで大きく外巻きにして、後ろに流れるようスタイリングしましょう。毛先は外ハネに巻くと、小顔効果のあるくびれスタイルが作れます。

●ヨシンモリ

ヨシンモリは、顔のトップから顔周りまで、ふんわり仕上げるスタイル。ヨシンは韓国語で女神の意味があるため、日本では「女神ヘア」とも呼ばれています。ヨシンモリの魅力は、ふんわり女性らしいシルエットを作れること。洗練された上品な雰囲気に仕上がるため、幅広い年齢層の女性に似合います。

ヨシンモリのスタイリングは、コテを使い、顔周りをふんわり外巻きにするのがポイント。顔周りにたっぷりボリュームを作り、首周りでキュッとくびれを作りましょう。

まとめ

今回は、日本で流行中のオルチャンヘアについて紹介しました。おしゃれ女性の間で人気があるオルチャンヘアを取り入れて、今っぽい雰囲気を手に入れましょう。顔周りを華やかな印象にしたい人や、小顔見せしたい人にもおすすめできます。

またオルチャンヘアは、どのレングスでも挑戦できるため、髪の毛を伸ばし中の人にもピッタリ。トレンドのオルチャンヘアで、いつもと違うおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@endokazuma06様、@vivo_ten6様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。