私達のコーディネートに欠かせないスニーカー。これから秋に向け、ますますその出番が増えるはず。でも毎日履いていると足元コーデがマンネリしてきませんか? そこで人気セレクトショップにおすすめスニーカーと、それに合わせたいソックスをリサーチ。鮮度高めな足元コーデを提案します。

【バーニーズ ニューヨーク】日本初上陸スニーカー【オートリー】を際立たすシンプルソックス

1982年アメリカのテキサス州ダラスで誕生し、ブランドのロゴに正式な星条旗の星や縞の数を入れることを公認されている数少ないスニーカーブランド【オートリー】。2019年よりヨーロッパやアメリカで人気再燃中の同ブランドが、2022年秋冬シーズン本格的に日本上陸を果たします。【オートリー】のアイコンモデル「メダリスト」は、クラシックなバスケットボールシューズをモチーフにしたレザースニーカーで、上質で柔らかなカーフのスムースレザーを丁寧に仕上げたラグジュアリーな履き心地の一足です。

「クラシックなデザインのスニーカーには、同色のリブソックスでシンプルにコーディネートすれば大人っぽく仕上がります」(バーニーズ ニューヨーク PR 木村 唯さん)

【ビーミング by ビームス】クリーンなスニーカーはポップなスニーカーでキャッチーに

日本では【ビーミング by ビームス】と【ニューバランス】の直営店のみで展開する、エクスクルーシブなスニーカーは、ホワイトとグレーを基調にしたクリーンなデザイン。落ち着いたデザインなので、ソックスはポップな差し色を選ぶのも手。

「鮮やかな色でありながらデザインはベーシックなため、意外とコーディネートしやすいのが魅力です」(ビーミング by ビームス プレス 高橋 咲さん)

【アーバンリサーチ】シックな色のスニーカーと好相性。レオパード柄ソックスでひねりと秋らしさを

【ニューバランス】で人気のウィメンズモデル「WL996」。環境に優しいクロムフリースエードや植物由来のテキスタイル、リサイクル材などを使用したサステナビリティなモデルです。ナチュラルなトーンの「WL996」には、レオパード柄ソックスで足元にパンチを効かせて。

「日本発レッグウェアブランド【マルコモンド】で人気のチュールニット素材のソックスは、ストレッチの効いていてしっかり脚にフィットします」(アーバンリサーチ プレス 澤田桜子さん)

【ビームス ボーイ】スポーティな足元コーディネートも、秋色まとめなら大人め

【ビームス ボーイ】が【プーマ】に初別注した「PUMA Suede Classic」はフルスエードのアッパーをベースに、サイドに流れる4本のフォームストリップにスムースレザー、ヌバック、シュリンクレザー、スエードと異なる素材を用いて表情のある仕上がりに。さらに【ビームス ボーイ】のロゴ入りのインソールなど、細部にまでこだわりにいた一足です。

「秋色のスニーカーには【ビームス ボーイ】が色別注したライン入りチューブソックスでスポーティに。ブラウンやバーガンディなど、秋カラーのラインのためポップになりすぎません」(ビームス ボーイ プレス 河江遥香さん)

【レイ ビームス】厚底モノトーンスニーカーには、透け無地ソックスで抜け感を

【プーマ】の厚底スニーカーの代表モデル「Mayze」の【レイ ビームス】別注モデルは、アッパーをスムースレザーに、流線型のフォームストリップには光沢のあるレザーを採用。アッパーはモノトーンながら、ブラックはピンク、ホワイトにはブルーのインソールというギャップが可愛い。ボリューミーなスニーカーには、程よい透け感で抜けを出せる60デニールのハイソックスを。

「このスニーカーに限らず、どんなコーデにもマッチするホワイトとブラックの2色展開です」(レイ ビームス プレス 星 秋穂さん)

ソックスにもこだわれば、足元は見違えます。スペシャルなスニーカーを手に入れる際には一緒にソックスもゲットして。

※価格はすべて税込みです