ショートボブはある程度長さがあるため、爽やかなショートスタイルでありながら、可愛らしさも感じられます。また、前髪なしにすることで、大人っぽさと色っぽさをプラスすることも。今回は、ショートボブ×前髪なしの魅力や、「顔型別」ショートボブ似合わせポイント、大人女性がショートボブにする際の注意点など、前髪なしショートボブについて徹底解説します。

ショートボブとは?

ショートボブとは、顎くらいのラインのすっきりした印象のボブのこと。

耳にかかるくらいの長さから顎あたりまでの長さのスタイルを指すことが多く、ボブよりも後ろが短く、前からみた時に丸いシルエットになるのが特徴です。

ショートヘアよりも丸みがあるため、短いヘアスタイルでありながら、女性らしさが残ります。ある程度長さもあるため、幅広い人に似合わせできるメリットも。

顔型に悩みがあったり、トップがぺたんとなりやすいという悩みがある人にもおすすめのヘアスタイルです。

前髪なしショートボブの魅力

前髪なしショートボブの魅力は、大きく分けて次の3つです。

  • 大人っぽくかっこいい
  • 色っぽさを出せる
  • ヘアアレンジがしやすい

●大人っぽくかっこいい

前髪なしのヘアスタイルの魅力といえば、やはり「大人っぽくなれる」「クールに見える」ということでしょう。

大人っぽくかっこいいだけでなく、凛とした知的な印象も与えます。ショートボブは丸みがある女性らしいスタイルなので、ほんのりと可愛らしさを残せるのも嬉しいポイント。

毛先に動きをつけると、フェミニンさと抜け感のある、柔らかいスタイルになります。

●色っぽさを出せる

前髪なしのショートボブは、色っぽさを感じさせるスタイルでもあります。前髪の根本を立ち上げてかき上げスタイルにすると、よりセクシーさがアップしますよ。

また、大人っぽさや色っぽい印象を与えるだけでなく、額が見えるため清潔感を与えやすいメリットも。右分け、左分け、センターパートなど前髪の分け方によっても印象は変わります。

●ヘアアレンジがしやすい

ショートボブは、顔や頭の形に合わせて、キレイに見えるシルエットにカットしてもらえば、ワックスやオイルなどスタイリング剤をつけてくしゅくしゅっとするだけで簡単にセットできます。

さらに、ショートボブはショートヘアよりも長さがあるため、コテやアイロンを使ったアレンジがしやすいメリットも。

ショートボブは面積が小さいので、明るい髪色やハイライト、インナーカラー、イヤリングカラーを取り入れても派手になりにくいのも魅力です。

ぜひ、いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね。

丸顔・面長を小顔に見せるポイント・似合うスタイル

丸顔や面長で悩んでいる人が、前髪なしショートボブで小顔に見せるためには、押さえておきたいポイントがあります。顔型別の小顔に見せるポイントは、以下のとおりです。

  • 【丸顔】顔全体を縦長に見せる
  • 【面長】顔全体を横長に見せる

それぞれ順番に解説していきます。

●【丸顔】顔全体を縦長に見せる

丸顔は顔の縦と横の長さがほぼ同じで、頬がふっくらしている人が多い顔型です。丸顔さんのコンプレックスをカバーする方法は、顔全体を縦長に見せること。

前髪なしだとおデコが出るため、顔の縦の幅が広がり理想の卵型に近づけます。さらに顔まわりの髪の毛で頬のラインを覆えば、気になる部分をカバーする効果がアップ。

やや前下がりにカットし、レイヤーを入れずワンレングスにするスタイルも丸顔さんにおすすめ。縦長のフォルムになり、顔がすっきりして小顔になります。

●【面長】顔全体を横長に見せる

面長とは、顔の縦幅が長いもしくは長く見える特徴を持った顔型です。頬に肉がつきにくい人も輪郭がシャープになり、面長に見えることもあります。

面長さんは縦のラインが強調されるため、前髪なしのスタイルは似合わないと言われることも。しかし、サイドにボリュームを持たせるように整えると、気になる縦長感が緩和されます。

サイドにボリュームを持たせるためには、カットはもちろんスタイリング、パーマも効果的。前髪なしのショートボブの場合は、縦長感が強調されないよう、かき上げて左右に流したり、動きをつけて、サイドにポイントをおきましょう。

30代40代が前髪なしショートボブを綺麗に見せるコツ

年齢を重ねると髪の毛が細くなり、20代と同じようなスタイルにしても似合わないことがあります。

しかし、30代40代以降の女性でも、いくつかのポイントを押さえることで、ショートボブを綺麗に見せることが可能です。押さえておきたいポイントは、大きく分けて以下の6つです。

  • トップにボリュームを持たせる
  • 髪にツヤと透明感を出す
  • 軽め&やや長めの前髪を作る
  • 落ち着いた髪色にする
  • 髪に動きを出す
  • 伸びっぱなしにしない

コツを押さえた上で、自分にぴったりのショートボブにチャレンジしてみてください。

●トップにボリュームを持たせる

トップがぺたんこなヘアスタイルは、老け見えの原因のひとつ。トップにふんわりボリュームを持たせると、若々しい印象に変わります。

トップにボリュームを持たせるためには、カットだけでなくスタイリングが重要。ふんわりとしたスタイリング方法を押さえておきましょう。

【ふんわり仕上げる方法】

1.髪の根本を濡らす。

2.ドライヤーの温風を下方から上方に向かって当てる。

3.髪を上に優しく持ち上げながら乾かす。

4,トップをつぶさないように気をつけながら、スタイリング剤を馴染ませる。

●髪にツヤを出す

素敵なヘアスタイルにしても、髪に艶がなくパサついていると老け見えしてしまうことに。30代後半から40代になると、体内のホルモンバランスが変わり、髪の艶も失われがち。

大人の女性は、髪の艶を意識すると一気に若々しい印象に変わります。髪の艶を出す方法は、食生活や睡眠を見直したり、ブラッシング、定期的なトリートメントなどさまざま。

てっとり早く艶を出すためには、スタイリング剤を活用するのがおすすめです。ドライヤーブロー前にヘアオイルを使用すると、髪に潤いを与えしなやかな髪に仕上げてくれます。また、乾燥によって発生する静電気を防ぐ効果があるのも嬉しいポイントです。

●落ち着いた髪色にする

30代40代の大人の女性には、明るすぎず暗すぎない髪色がベスト。髪が明るすぎると傷んで見えやすく、逆に黒すぎると重たい印象を与えてしまうことに。

7〜8トーンの程よいブラウン系のカラーは、退色しづらく髪に艶が出て見えますよ。

●髪に動きを出す

ペタッとした髪型は老け見えしてしまいますが、髪に動きを出すと一気に見た目年齢が若くなります。

動きを出すためには、ドライヤーでふんわりと仕上げるのはもちろんのこと、ホットカーラーやコテで巻くとより華やかな印象に。

自分で上手くスタイリングできない場合や、忙しくてスタイリングする時間が取れない場合は、パーマをかけるのもおすすめ。パーマをかけておけば、スタイリング剤をつけるだけでも簡単に動きを出すことができます。

●伸びっぱなしにしない

髪の毛は生えている場所によって、伸びるスピードが異なります。そのため、後頭部に丸みが出るショートボブをそのまま伸ばすと、襟足が長くなり全体的に重たい印象に。

髪が伸びるスピードは人それぞれですが、できるだけ1ヶ月半から2ヶ月ほどの間隔で美容室に行って整えてもらいましょう。

まとめ

今回は、前髪なしショートボブについて紹介しました。前髪なしショートボブは、大人っぽくかっこいい、色っぽさを出せる、ヘアアレンジがしやすいなどさまざまなメリットがあります。

ショートボブは、ポイントを押さえさえすればどのような顔型でも似合わせが可能。ぜひ、今回紹介したポイントを押さえて、自分にぴったりな前髪なしショートボブに挑戦してみてください。