苦手な人と上手くやっていくのは至難の業。それでも、仕事の関係などで避けられない事もありますよね…。
今回そんな苦手な職場の先輩に、まさかのLINE誤爆で地獄を見たT子さんの体験談をご紹介します。

毎日怒られてウンザリ。早く辞めればいいのに…!

T子さんの職場には、かなり気が強く厳しい先輩がいた。先輩は皆から恐れられていたが、特にT子さんは目をつけられていて…。誰がどう見ても、T子さんへのあたりが人一倍キツかったそう。

そんなある日、給湯室でヒソヒソ話す上司と先輩が。

「一身上の都合でー…」

というセリフが聞こえてきたので、色んな人に聞いてみたら…。
え!先輩、辞めるの!?!?

嬉しすぎて同僚に速攻LINE!しかし…

その日は嬉しすぎて、別部署の同僚に早く伝えたかったT子さん。早速飲みに誘うも断られてしまったので、興奮状態のままLINEで説明することに…。

「聞いて!あの人辞めるらしい!マジで嬉しすぎるお祝いしよ〜!!(笑)」
「も〜解放されると思ったらマジ幸せ♡」

速攻返信が来たので読むと…。まさかすぎる内容に、震えが止まらなくなってしまった…。

嘘でしょ!?とんでもないミスに絶望。最悪すぎる…(泣)

「お祝い…送別会ってことかな?(笑)」
「確かに辞めるけど、後三ヶ月後だから。それまでよろしくね?(笑)」

興奮しすぎたのか、なんと誤って先輩本人に送信していたのだった…!!嫌味たっぷりな返信に絶望するT子さん…。二人で仕事をすることも多いので、避けることも出来ない…!!

それから三ヶ月間は引継ぎなどもあり、今まで以上に二人で仕事をする機会が多かったそうで…。
先に仕事を辞めようかと思うほどの地獄を味わったそうです…。

まとめ

もう、ご愁傷様ですとしか言いようがないような…(笑)
大事な内容の時は送信先を絶対に間違えないように、気を付けるしかないですね…!

ftnコラムニスト:Yukky111