子どもを取り上げられる事、それは親にとって身を削られるような、苦痛以外の何ものでもありませんよね。筆者の身内A子さんは、まるでドラマの様な信じられない事を経験されました。
今回はそんなA子さんから聞いたお話をご紹介します。

初孫のお祝いパーティで、とんでもないお願い!?

A子さんに初めて子どもが出来た時のお話です。
田舎に住む義実家へ、子どもを連れて挨拶に行くことになりました。
義両親と義姉夫婦で、和やかに食事をしながらお祝いしていたのですが……。

義姉が子どもを抱っこしてから、どうも様子がおかしいのです。
そして何かを決心して、A子さんに話しかけました。

「一生のお願い。少しの間、子育てをさせてほしい。」

実は義姉は子どもを授かる事が出来ず、夫婦二人暮らし。
子育てを「体験」したいから、子どもを貸してほしいと言い出したのです。

絶対に嫌!! それなのに、勝手に盛り上がる義家族達

A子さんはもちろん断りましたが、義両親も一緒になり頼み込んできました。
全員が涙ながらに訴えてきて困っていると、

「数ヶ月くらいだったらいいだろ。」

と、夫が突然とんでもないことを言い出したのです。
元々超亭主関白な夫に、A子さんの意見は通りませんでした。

結局その場ではなんとか断れたものの、もう義姉に預けることは勝手に決められていたのです。
義姉は「離乳食が終わって楽になってから」などと言ってくるくらい。
結局娘が2歳になる頃に、半ば無理矢理引きはがされ、義姉夫婦に預ける事となってしまったのです。

私の子なのに! お願いだから返して!!

初めは不安で毎日義姉に電話をしていましたが、しばらくすると、

「ちゃんと育ててるから、毎日電話してこないで!」

現在のように携帯も普及していないので、電話以外で娘の様子を知る事が出来ません。
夫に何度も娘を返してもらうよう言いましたが、

「俺らはこれから何年も育児をするが、姉にはこの数ヶ月しかないんだ。」

そう言って、義姉の肩ばかり持つのです。
それ以上言うと暴力を振るわれてしまうので、A子さんは強く言う事が出来ませんでした。

初めは1か月だと言っていたのに、3ヶ月経っても娘は返ってきません。
義実家に電話をしても、娘を返してくれる様子はありませんでした。
我慢の限界が来たA子さんは、もう頭がおかしくなりそうでした。

本当に、なぜ預けてしまったのだろう。一生後悔してる

「これ以上は人攫いと同じです。警察に行きます。拒否するなら訴えます。」

A子さんが夫にそう伝えて、やっと夫が動いてくれました。
結局娘は、2歳から2歳4ヶ月になるまで義姉に育てられました。
その間の写真などは一切無く、どのように育てられていたのかも教えてもらえません。

その事件以来、義家族のことは一切信用出来なくなりました。
夫も、いざとなれば義家族を庇うと知ってしまったのです。

その後しばらくして2人目が産まれましたが、義家族には一切知らせずに出産。
夫とも色々と揉める事が多く、結局子どもが大きくなってから離婚することになりました。

娘はあの時の事を少し覚えていて「怖かった」とだけ話していました。
どうしてあの時、娘を手放してしまったのか。
逆らえなかったとは言え、私の人生で一生後悔している出来事です。

まとめ

今は離婚して全く関係ないから幸せ! と、娘さんと仲良く遊びに行ったりされています。
子どもがいなかったため子育てをしてみたい、という気持ちはわからなくはないですが、子どもはレンタル品ではありません。親戚とは言え、大切な子どもを4ヶ月間も預けることになるなんて、A子さんは気が気ではなかったでしょう。
私利私欲の為だけに、親子を引き剝がそうだなんて恐ろしい話ですよね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:Yuki.K