恋人の些細な変化に不安になり、「浮気しているかも…」と不安になる人は多いでしょう。浮気する人は、男女ともに似た心理状態である点が特徴です。今回は男女別に分けて、浮気する心理や、浮気防止の対策方法を紹介します。

浮気する人とは

そもそも浮気は、人によって、ボーダーラインが異なります。浮気する人と一概に言っても、本人は、浮気だと考えていないかもしれません。また男女間で、浮気の認識にズレがある点も特徴です。

まずは、一般的な浮気の定義や、男女間の認識のズレを解説します。

●浮気のボーダーライン

浮気とは、「心がうわついている」状態のことです。恋人がいるにもかかわらず、恋人以外の相手に愛情を向けてしまう心の状態を指しています。

しかし、浮気は、明確な定義が定められていません。また個人の考え方や価値観によって、浮気のボーダーラインは大きく異なります。例えば、本人は浮気のつもりがなくても、恋人から見て、浮気と判断されてしまうケースもあるでしょう。付き合う場合は、恋人の価値観に合わせて、浮気のボーダーラインを超えないことが大切です。

●【男女別】浮気の認識の違い

浮気は、個人だけではなく、男女間でも認識の違いがあります。例えば、女性の場合、体の関係より、気持ちを重視する傾向が強いです。体の関係がなくても、他の相手に気持ちが移っている時点で、浮気だと考える女性が多いと考えられます。

反対に、男性は、体の関係をもった場合に浮気と考えるようです。自分以外の異性と連絡をしたり、遊びに行ったりしても、浮気と断定しない傾向があります。

しかし、男女間で認識に違いがあるからといって、情報を鵜呑みしないことが大切です。男性のなかには、他の相手と連絡を取るだけで、浮気と考える人もいます。認識の違いから喧嘩に発展しないよう、浮気のボーダーラインはしっかり確認しておきましょう。

【男女別】浮気する人の心理

最初から浮気するつもりで、恋人と付き合う人は少ないでしょう。性別の違いにかかわらず、浮気する人の多くは、今の関係に不満があることが原因です。

男女別に分けて、浮気する人の心理を解説します。

●【男女】相手に不満がある

男女どちらも、相手に不満がある場合、浮気する確率が高まります。話し合いで解決できる不満であれば、問題はないでしょう。

しかし、恋人が話し合いに応じず、いつまでも解決できないと、次第にイライラが募っていきます。最終的には、癒しを求めて、他の相手と浮気に走ってしまうでしょう。異性の友達と定期的に会い、恋人の愚痴を聞いてもらううちに、気付けば浮気関係になってしまったケースも多くあります。

●【男女】他に本命ができた

男女ともに、恋人より好きな相手ができてしまうケースです。付き合いたての新鮮な気持ちがなくなり、マンネリ化したカップルに多いといえます。

恋人が家族のような存在になってしまい、恋のときめきがないため、他の相手で満たそうとしてしまうことが原因です。恋人にときめく瞬間が少なくなり、スキンシップが減ってしまうと、より浮気の確率は高くなるでしょう。

●【男性】新しい刺激がほしい

男性の場合は、新しい刺激を求めて、浮気してしまう傾向があります。マンネリ化と同様に、恋人とのデートに飽きてしまうことが原因です。浮気相手とのデートは、新しい刺激があるため、魅力的に見えます。また本命にいつバレるか分からないスリルも、新しい刺激になり得るでしょう。

新しい刺激を求める男性は、恋人に対して気持ちがなくなったというより、スリルを求めて浮気してしまいます。恋人と別れるつもりはないため、浮気がバレたら、反省するパターンが多いでしょう。

●【女性】寂しさを埋めたい

女性の場合は、寂しさを埋めるために、浮気してしまうケースです。恋人が忙しくて、会えない期間が続くと、愛されてないと感じてしまう傾向があります。恋人の代わりに、他の相手に寂しい気持ちを満たしてもらおうと、浮気に走ってしまうでしょう。

彼氏に素っ気ない態度を取られたり、会えない期間が長くなったりすると、浮気する確率は高まります。また寂しいときに元カレから連絡が来て、つい元の関係に戻ってしまうケースもあるでしょう。

浮気を阻止する対策方法

浮気を阻止するなら、恋人に不満な気持ちを解消してもらうことが大切です。

恋人の浮気を阻止するための対策方法を3つ紹介します。

●相手の自由を奪わない

浮気を阻止するなら、相手の自由を奪わないようにしましょう。多くの人は、浮気しないよう行動を監視しがちですが、浮気対策としては逆効果です。

男女どちらも、恋人に束縛されると、愛情を重く感じてしまいます。次第に恋人が煩わしくなり、浮気の原因となってしまうため、束縛はほどほどにしましょう。またコントロールしようとすればするほど、相手は逃げてしまいます。相手の気持ちを尊重して、1人の時間を作ってあげることが大切です。

●付き合いたての気持ちを大切にする

付き合いたてのカップルと比較して、マンネリカップルは、どちらかが浮気する確率が高まります。いつもと同じデートや、やり取りが続き、お互いに新鮮な気持ちがなくなってしまうことが原因です。付き合いたてのワクワクがなくなると、新しい刺激を求めて、浮気に走ってしまいます。

マンネリをなくすためには、付き合いたての気持ちを大切にすることが必要です。ファッションを変えたり、新しいデート場所に行ったり、いつもと違う行動を取ってみましょう。付き合いたての新鮮な気持ちを取り戻すと、マンネリ解消にも繋がります。

●最初に釘を刺しておく

事前に浮気対策するなら、最初に釘を刺しておく方法がおすすめです。なかには、1回ぐらい許してくれるだろうと、軽い気持ちで浮気してしまう人がいます。「浮気をしたら別れる」と、日頃から釘を刺しておくと、相手は浮気しにくくなるでしょう。

しかし、何度も釘を刺す行為は、束縛されていると感じる原因になってしまいます。あまり脅しすぎないよう、冗談を交えながら言うのがおすすめです。

まとめ

今回は男女別に分けて、浮気する心理や、浮気防止の対策方法を紹介しました。

浮気する人は、男女ともに不満を抱えている原因があります。浮気を阻止するために、適度にコミュニケーションを取り、不満を解消することが大切です。

浮気対策を参考に、恋人とより密接な関係を目指してみてはいかがでしょうか。