以前流行った、トップスの肩掛けコーデ。そんな肩掛けコーデに再ブームの兆しがあるんです♡ おしゃれに敏感なインフルエンサーたちは、すでに肩掛けコーデを楽しんでいるよう。今回は、【ユニクロ】のアイテムを使った肩掛けコーデをご紹介します。

イエローのアクセントで高揚感

ロゴT × デニムのシンプルなコーデに、ユニクロの「ウォッシャブルコットンクルーネックセーター」を肩掛け。イエローのカーディガンがアクセントとなり、高揚感のあるコーデに導けそうです。サンダル・バッグをホワイトで統一して全体の色の数を抑えることで、イエローの魅力が際立つコーデに。

ボーダーニットを肩掛けしてバランスを調整

エフォートレスさが漂う、ロンT × スウェットパンツのコーデ。ユニクロの「ウォッシャブルモックネックボーダーセーター」を肩掛けして、ラフに傾きすぎないバランスに整えています。肩掛けしたニットの袖を結ばずに垂らせば、抜け感をもたらせるでしょう。

モノトーンコーデの差し色に

ユニクロの「レーヨンプリントブラウス」に、赤ニットを肩掛け。モノトーンに落とし込んだコーデに赤を1点投入することで、全体の印象がグッと華やかに。鮮やかな色を顔まわりに添えているから、顔色を明るく見せてくれそうなのもうれしいところ。

ボーダーをプラスしてコーデにリズムをつけてみて

ユニクロの「UVカットスリットT」に、「ボーダーオーバーサイズT」を肩掛け。無地のロンTとデニムのベーシックなコーデにボーダーを合わせれば、コーデにリズムを生み出してくれそう。すっきりとしているのに単調になりすぎない、好バランスコーデの完成です。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@kanaripo216様、@acco.mama様、@yc__mam様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。