やっと見つけた! 髪型迷子を脱却するための心強い相棒は、頭の形が整うふんわりショートでした。軽やかなショートにパーマで動きをつければ、乾かして手ぐしでとかすだけでも様になります。シルエットにこだわるなら、前下がりで顔まわりをカバーするのも素敵。そのほか、一気に垢抜けて見えるマニッシュなアレンジに旬のウルフと、異なるテイストを贅沢に4パターンお届けします。

パーマで身支度を時短

カットして髪を軽くしたうえでパーマをかけると、簡単にボリュームアップが叶います。へたりやすくなった細い髪でも、ムースを揉み込むだけでふわっと立ち上がり、スタイリングの手間が省けるのがいいところ。不器用な方や朝が忙しい方は、先にパーマを仕込んでおきましょう。

前下がりは小顔効果バツグン

全体に程よく重みを残した、ナチュラルなショートです。襟足は首元に寄せ、レイヤーを入れて後頭部に丸みをつけることで、メリハリのあるシルエットが完成。長さは前下がりになっているので、顔まわりを大胆に出すことなく、シャープにカバーできます。頬のあたりに縦のラインをつくることで、引き締まって小顔に見える効果も◎

トレンドコーデに合うハンサム系

シャツやジャケットなど、マニッシュなアイテムが流行の今、それらと上手にマッチするのがハンサムショートです。耳から後ろをばっさりカットして、首元を爽やかに演出するのが最大の特徴。トップはサイドから立ち上げて流すと、40・50代にうれしいボリュームが生まれます。曲線的なラインで、あくまで女性らしい色気を忘れずに。

襟足を残したいならウルフ

首を隠したい、襟足を長めに残したいという場合は、ショートウルフがオススメ。レイヤーを入れることによってひし形のシルエットが生まれ、トップとサイドがふんわり見えます。毛先をゆるく巻くとエフォートレスな動きがついて、さらにボリュームアップした印象に。ヘルシーな暖色は、髪にツヤを与え若々しく決まります。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@takatsu_kazunori様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:tea