よくあるLINE誤爆ですが、誤魔化しの効くものと、そうでないものがあります。
今回は、知人男性に届いた誤爆エピソードです!

結婚8年目の夫婦

知人男性は、現在37歳。同い年の妻と結婚して、今年で8年目になります。
現在3歳になった子どもを授かって以来、夫婦の間に営みはなくなっていました。
なんでも、妻が夫を拒むとのことです。
それでも、彼は妻を愛していたので、無理強いは決してしませんでした。

占い結果に、微笑ましい気持ちになるも...

ある日、男性の元に妻からLINEが届きました。
「私たち、占いでも相性抜群だね!」という文面と共に、占いサイトの診断結果がスクショされて送られてきたのです。
たしかに、結果を読むと、相性抜群なようです。
「たまには、妻にも可愛いところがあるじゃないか!」
なんて微笑む男性でしたが、画像をよく見ると、入力されていた生年月日は自分のものではありません。どうやら、妻が診断相手に選んだのは、まだ29歳のようです。

慰謝料請求後、すぐに破局

妻を問い詰めると、案の定、彼女は不倫していました。話によると相手は29歳の青年で、妻は彼にゾッコンな様子でした。
夫は、2人に慰謝料請求後、離婚して子どもを引き取りました。
妻は、不倫相手と一緒になるつもりでしたが、すぐに彼から捨てられてしまったそうです。
不倫相手は「お前のせいで、バレて慰謝料まで請求された!」と、怒っていたんだとか。妻は本気でも、不倫相手にとっては、ただの遊びだったのでしょう。
せっかくの占いも、当たらなかったようですね。

ftnコラムニスト:六条京子