どんな性癖を持っていても自由ですが、やはり生理的に受け付けられないものもあります。今回は、友人女性が体験したドン引きエピソードをご紹介します!

恋愛経験がない真面目なインテリ女性

友人女性は、超の付くインテリです。名門大学を卒業後、現在は研究職に従事しています。彼女は今までずっと勉強一筋で生きてきたので、恋愛経験は皆無でした。

ですが、将来のことも見据えて、そろそろパートナーが欲しいなと感じていたそうです。

参加した飲み会で猛アタックされる

まずは出会いを探そうと思い、友人主催の飲み会に参加してみました。そこで友人は、1人の男性から猛アタックされます。

男性とこんな風に、密接に関わり合うこと自体が初めてで、友人はあれよあれよと転がされます。気が付けば、2人は連絡先を交換して、デートする間柄になりました。

初のお泊りデートで彼から衝撃の一言

交際3か月目に、男性が友人のマンションに泊まりに来ることとなりました。夕飯を食べて、ロマンティックな雰囲気になったところで、急に男性が「高校時代の制服は?」と聞いてきます。

「なんでそんなことを聞くのだろう?」と友人は疑問符を浮かべながら「とっくの昔に、知人に譲った」と言います。その途端、男性は激怒しました。

彼氏の本性はただの制服マニアだった

男性の怒りの理由を聞いて、友人は絶句しました。「お前が、名門女子高を出てるっていうから、その制服を着たお前とプレイしてみたかった!」とのことです。

男性が友人に近づいてきたのは、彼女の母校の制服に興味があっただけなのです。友人はこれに、深いショックを受けました。

男性は男性で、悪態をつきながらアパートを出て行きました。こうして2人の仲は、あっけなく破局しました。

こんな男性と深い関係になる前に、別れられてラッキーと友人は前向きにとらえています!

ftnコラムニスト:六条京子