ネオウルフは、簡単アレンジでおしゃ見えが叶う人気ヘアスタイル。ネオウルフで、さらにおしゃれを楽しみたいなら、インナーカラーがおすすめです。髪の内側にアクセントを加えて、誰とも被らない自分だけのスタイルを手に入れましょう。
今回は、ネオウルフに似合う人気インナーカラーを紹介します。後半では、ネオウルフ×インナーカラーの最新スタイルについてまとめているので、ぜひ参考にしてください。

ネオウルフに遊び心をプラス

ネオウルフとは、レイヤーカットを取り入れたヘアスタイルのこと。髪全体のバランスをふんわり整えて、ナチュラルな印象に仕上げてくれます。ネオウルフに遊び心をプラスするなら、インナーカラーがおすすめ。インナーカラーと組み合わせて、ワンランク上のおしゃれを楽しみましょう。

●インナーカラーで今っぽさを

インナーカラーとは、外側の髪色はそのままで、内側の髪色だけを染めるカラースタイルです。インナー部分に入れる位置や範囲、色を組み合わせることによって、いつもと違う雰囲気に。髪全体にアクセントをつけてくれるので、今っぽい抜け感が手に入ります。いつもと同じヘアスタイルに飽きた人や、雰囲気を変えたい人にピッタリです。

●今季トレンドカラーは?

今季トレンドのインナーカラーは、顔に馴染みやすいピンクやブルー、グレーです。女性らしい雰囲気に仕上げたいなら、ピンクブラウンがおすすめ。ベースカラーと同系色にまとめることで、落ち着いた印象になります。オフィスでさりげないおしゃれを楽しみたい人にもピッタリのスタイルです。寒色系のブルーやグレーは、透明感あるクールな印象を手に入れたい人におすすめ。ベースカラーより目立つ色を入れると、一気にモード系の雰囲気になりますよ。

ネオウルフに似合うインナーカラーの選び方

色を濃くしたり、入れる範囲を広くしたり、幅広いアレンジを楽しめるインナーカラー。ネオウルフと組み合わせる場合は、どのようなインナーカラーが似合うのでしょうか。初めて挑戦する人でも分かりやすい、インナーカラーの選び方について紹介します。

●ベースカラーに合わせる

インナーカラーは、ベースカラーとの組み合わせによって雰囲気が変わります。

ベースが暗い髪色であれば、明るい色でアクセントをつけるのがおすすめです。グレージュやアッシュのくすみカラーを入れると、透明感ある落ち着いた印象に。ベースが明るい髪色であれば、同系色に統一するのがおすすめです。髪全体がまとまるだけでなく、グラデーション効果でおしゃれに見えます。オフィスで目立たない色にするなら、ベースカラーと同系色にしましょう。インナーカラーを入れる位置によって、さりげないチラ見せスタイルも叶います。

●ブリーチは濃い色味を出せる

もし濃い色味を出したいのであれば、ブリーチするのがおすすめです。髪全体のブリーチに比べて、髪の一部にしか負担がかからないため、髪の痛みを気にする方でも挑戦しやすいです。また選ぶ色によっては、通常のカラー剤で綺麗に染まる場合もあります。美容院でオーダーする際に、担当美容師さんと相談してみるといいでしょう。

●どの範囲まで入れるのか

インナーカラーを入れる範囲によって、髪全体の雰囲気は大きく変わります。大胆に目立たせたいのか、それともチラ見せしたいのか、あらかじめ決めておくといいでしょう。

また髪のレングスごとに、インナーカラーが映える範囲は異なります。例えばショートヘアの場合、耳下に色を入れるのがおすすめです。広範囲に色を入れてもあまり目立ず、ワンポイントとして楽しめます。ミディアムヘアは、こめかみから耳の後ろにかけて入れるのがおすすめ。ショートヘアより毛先を自由に動かせるので、簡単なアレンジに挑戦してみるのもいいでしょう。ネオウルフでも人気の外ハネにすれば、インナーカラーをチラ見せしながら抜け感を出せます。ロングヘアは、こめかみから後ろの広範囲まで入れるのがおすすめ。ネオウルフのレイヤーカットと組み合わせることで、髪全体に立体感が生まれます。

また、レングス問わず、前髪にインナーカラーを入れる個性スタイルも人気です。

ネオウルフ×インナーカラーおすすめ最新スタイル

幅広いアレンジを楽しめるインナーカラー。しかし、アレンジの幅が広いがゆえに、どのスタイルにしようか迷ってしまうことも。

ここでは、ネオウルフ×インナーカラーのおすすめ最新スタイルを紹介します。レングス別に分けて紹介するので、自分の好きなスタイルをぜひ見つけてください。

●【ショート】外ハネボブ×ブラウン

ショートのネオウルフボブに、ブラウンのインナーカラーを合わせたスタイルです。黒髪ベースに明るいインナーカラーを組み合わせることで、透明感たっぷりのこなれスタイルが完成。毛先を外ハネにアレンジすると、髪全体が軽やかな印象になります。顔周りにも動きがつくので、顔の輪郭をカバーする小顔効果もバツグン。

ブラウンのインナーカラーは、大人女性らしい柔らかさを演出できます。全体的に落ち着いた色でまとめているので、オフィススタイルにもピッタリ。前髪はシースルーバングで隙間を作ると、今っぽい抜け感がグッと上がります。

●【ミディアム】ハイレイヤー×ブルー

ざっくりレイヤーを入れたネオウルフに、ブルーのインナーカラーを合わせたスタイルです。ネオウルフは、レイヤーカットの段差を高く入れた無造作ヘアスタイル。

ブルーのインナーカラーを組み合わせることで、ワンランク上のモードな雰囲気になります。アレンジしやすいミディアムヘアは、毛先にインナーカラーをさりげなく入れてもおしゃれ。鮮やかなブルーカラーであれば、誰とも被らない個性派スタイルに仕上がります。

ブルーアッシュのくすみカラーを入れて、透明感を手に入れるのもいいでしょう。襟足部分にレイヤーをしっかり入れているので、後ろから見てもスッキリまとまりのある印象に見えます。

●【ロング】ふんわりウェーブ×ピンク

ふんわりウェーブのロングネオウルフに、ピンクのインナーカラーを合わせたスタイル。

ロングネオウルフは、レイヤーの効果で重たく見えないのが魅力です。ふんわりウェーブスタイルにアレンジして、大人女性らしい雰囲気を演出しましょう。パーマをかければ、毎朝のスタイリングが楽になります。

インナーカラーは、ベースカラーと同系色を選ぶのがおすすめです。髪全体の雰囲気がまとまるだけでなく、大人フェミニンな印象に仕上がります。こめかみ部分にさりげなく入れて、チラ見せするのもいいでしょう。髪を結ぶときにインナーカラーが見える、さりげないおしゃれも楽しめます。

まとめ

今回は、ネオウルフに似合うインナーカラーについて紹介しました。

変幻自在なスタイルを楽しめるネオウルフと同様に、インナーカラーも幅広いアレンジを楽しめます。ネオウルフにインナーカラーを組み合わせて、誰とも被らないおしゃれスタイルを叶えてみてはいかがでしょうか。