いつも、父のお弁当作りを担当している知人女性。ですが今日はもう1つお弁当箱が用意してありました。実は久々に出来た彼氏の為に、愛妻弁当を作る予定なのです。
愛する彼氏の為に、張り切ってお弁当を作る知人女性でしたが、思いがけぬハプニングが発生しました。
今回は、お弁当にまつわるエピソードを紹介しますね!

彼氏の為に愛妻弁当

実家暮らしの知人女性は毎日、父のお弁当作りを担当しています。
ですが今日は、もう1つお弁当箱が用意してありました。実は最近、同じ職場で彼氏が出来たので愛妻弁当を作成するのです。

「いつもより1時間早起きしたから、上手に出来たわね!」
そう言って知人女性は、満足げに愛妻弁当を見下ろしました。
彼氏の為に作ったお弁当は、ハムを可愛らしくハート形に切ったり、タコさんウィンナーが入っておりラブリー感満載だったのです。

彼氏の言葉に絶句……

出勤すると早速、知人女性は彼氏にお弁当を渡しました。
そして昼食後、彼氏からこんなLINEが届きます。
「美味しいお弁当をありがとう! もちろん、お弁当箱は洗って返すよ。煮物も味付け抜群だったし、お漬物も良いアクセントになっていたよ!」

一見、誉め言葉の綴られた良い文章ですが、知人女性はこれを読んで絶句しました。
何故なら彼氏に渡したのは愛妻弁当ではなく、父の為に作ったお弁当だったのですから……。

結果、皆ハッピー!

「彼氏は喜んでくれて良かったけど、お父さんにあんなカラフルなお弁当を渡しちゃった……。彼氏のことも、まだ話していないけど、何か言われるかしら?」
そんな不安を胸に帰宅すると、驚いたことに父は上機嫌でした。

「いや〜。いつものお弁当も良いけど、今日みたいに華やかなお弁当も良いね〜! ニンジンが花形に切ってあったり、赤い梅干しを海苔がハートマークで囲んでいたりして、部下や上司からも羨ましがられたよ〜」

おめでたいというべきか、お父さんはあのラブリー弁当は自分の為に作ってくれたものだと、思い込んでいたようです。
知人女性は胸をホっと撫でおろしながら「よ、喜んで貰えて良かったわ」と伝えました。

それからも色んなタイプのお弁当を、愛する男性2人に作り続けている知人女性。
彼女なら、きっと良いお嫁さんになれることでしょう!

ltnライター:六条京子