パワーショルダーのジャケットやネクタイなど、肩や首元にインパクトのある秋冬トレンドコーデには、断然短いレングスがお似合い。どんなアイテムも映える、王道のマッシュショートをはじめ、再燃中のワンレンボブにウェーブボブと、肩上のレングスが今季は気になります。もちろん、伸ばしかけでロングを選びたい場合は、顔まわりレイヤーで今っぽく見せられるのでご安心を。今マストでチェックしたい、秋冬向けのイメチェンヘアをお届けします。

透明感際立つ秋色マッシュショート

ボリュームを抑えた、コンパクトなマッシュショートです。シースルーバングと合わせて軽やかにまとめているので、広がりすぎず、可愛い丸みシルエットだけをいいとこ取りできます。カラーは、秋に似合う、落ち着いたオリーブベージュ。髪の赤みを抑えて、透明感のあるやわらかい質感を演出できます。

人気ドラマ風のレトロなミニボブ

韓国ドラマ『セレブリティ』の主人公ソ・アリの髪型として注目を集めた、暗髪のミニボブです。あごギリギリのラインで短くカットすることで、首が長く見えスタイルアップが期待できます。画像のように首元が開いたトップスを合わせると、よりスッキリして見えますし、マフラーやタートルネックとも喧嘩せずキレイにマッチします。

重く見えないウェーブボブ

ボブを選ぶとき、誰もが懸念する「おかっぱ」「こけし」という垢抜けないイメージ。切りっぱなしでも、毛先に透け感をつくりゆるいウェーブをつければ、野暮ったさとは無縁の洗練された雰囲気をまとえます。シックなファッションアイテムが人気の秋冬こそ、軽やかさをどこかに作ることが欠かせません。

ロング派なら顔まわりレイヤー

セミロング以上の長さをキープしながら、旬のアレンジを利かせるなら顔まわりレイヤーで決まり。顔まわりを覆う範囲に絞って、毛先だけにレイヤーを入れると、動きが出てグッと華やかに変身します。ベースの長さはそのままに、秋冬の重いイメージから脱却し、ダウンスタイルでも躍動感あふれるシルエットを手に入れられますよ。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@matsuo_makes様、@cxcxrx_seki様、@domiyasu様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:tea