妊娠中は普段より身体も心もデリケートになっているものです。特に、初めての妊娠なら不安なことがたくさんあって当然。本来ならそんな妊婦を周囲が支えてあげなければなりませんが、逆に追い詰めてしまう無神経な人もいるようです。今回は友人から妊娠中に体験したエピソードを聞きました。

初めての妊娠中、姑から無茶な要求が

友人のA子は初めての妊娠中。
初期からずっとつわりがひどく、食べた物はすべて吐いてしまいます。ニオイや音にも敏感になり、全身の不調が続いていました。

ところが、それを知っているはずの姑はA子を労わるどころか、「3か月後に私の故郷で親族の結婚式があるから、A子さんも一緒に参列しなさい! そこで親族たちに妊娠の報告をするのよ」と無茶な要求をしてきました。

断ったものの受け入れてくれず……

姑の故郷は片道だけでも数時間かかる地方。ただでさえ体調が悪いのに、妊娠中の身体でそんな移動に耐えられる自信はなく、A子は夫にも相談して姑に断りを入れました。

ところが姑は受け入れず!
夫がいない時を狙ってはA子のところにやってきて「嫁の務めを果たしなさい」「まだ産み月は先なんだから大丈夫よ」と言ってきます。

夫はA子にあとから話を聞くたびに姑を叱ってくれましたが、効果は薄く、A子は妊娠中で情緒不安定なのもあり、どんどん精神的に追い詰められていきました。

優しい女医に声を掛けられ、ついに

ある日、産婦人科の定期健診のとき、A子の憔悴しきった様子を察してか担当の女医が「何か困っていることはありますか?」と声をかけてくれました。

母親と同じくらいの歳の女医の優しさに、気持ちが緩んで思わず泣いてしまったA子。
「実は、姑が……」と一連の出来事を話しました。

「ここに連れてきなさい!!」

女医は「次の健診に来るとき、お義母さんも一緒に連れてきてください!」と言いました。

そして後日、言われたとおりA子が姑を連れて健診に訪れると、女医は姑をこてんぱんに叱ってくれたのです!

「妊娠中に長距離移動して何かあったらどうするんですか。お義母さんが責任とれますか? そこまでして行かせたいならもちろん向こうの病院も調べてあるんですよね?」
「これで赤ちゃんに何かあれば初孫を抱けなくなるんですよ。それでもいいんですか?」

専門家に説教され、さすがの姑も一言も言い返すことができなかったそうです。
そしてそれ以降、姑はすっかり大人しくなり、無茶な要求をされることもなくなりました。

まとめ

体調のことは本人にしか分かりません。ましてや妊娠中の母親は2人分の命を守っているのです。無茶をして何かあってからでは遅いですよね。頼りになる女医が味方になってくれて本当に良かったです。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:藍沢ゆきの