筆者の友人は、不倫沼にハマってしまったA子を心配していました。A子の念願が叶い、ついに既婚の不倫相手の離婚が成立したのですが、その先に待っていたのは……? A子に起きた不倫エピソードをお届けします。

Bとの不倫

A子には、かなり長い間不倫関係にあった既婚男性Bがいました。A子はBと結婚したくて離婚を迫っていたのですが、のらりくらりとかわされて、数年が経とうとしていました。

そんなある日、Bが離婚したというのです。A子は自分のためにBが離婚してくれたと、とても喜んでいました。離婚問題が片付いたらプロポーズされるはず。A子はそう信じていました。

しかし、BはA子との結婚を匂わせているのに、待てど暮らせどプロポーズしてきません。焦ったA子はBに結婚を迫ることにしました。

明かされた衝撃の事実

A子「私、そろそろ結婚したいな。もうすぐ40だし」

B「……」

A子「どうして?! どうして結婚の話すると黙っちゃうの?」

B「ごめん。実は」

A子がBに問いただすと、Bは諦めた様子で全てを話し始めました。そこでA子は、衝撃的な事実を知ることになったのです。なんと、BにはA子のほかに2人の愛人が!

1人はW不倫で10年、もう1人もW不倫で7年付き合っていたのでした。2人ともBとは割り切った関係で、息抜き程度で月に2〜3回会っていたそうです。A子だけが独身で一番若く、BはA子をつなぎとめるために、いつか結婚するかもという態度をとって付き合ってきたというのです。

離婚の原因は……

結婚をエサにA子はずっとBにいいように弄ばれていたのでした。事実を知ったA子はBに迫ります。

A子「でも離婚したんだから、結婚できるでしょ!」

実はBの最愛の奥様は、若い男と不倫して本気になってしまったのでした。Bと離婚して不倫相手と一緒になりたいと言われ、Bは離婚するしかなくなったというのです。Bは奥様を心底愛しており、不倫されたことがショックで立ち直れないというではありませんか!

A子を含め3人を相手に不倫をしていたBのだらしなさを知ったA子。Bはもう誰とも結婚する気がないのに、A子にはこのまま関係を続けてほしいと懇願してきました。A子は迷った挙句、他の2人とも別れないというBを許せないので別れることにしました。

不倫の恋が巡り巡って自分を傷つける結果となったA子は、全てが信じられなくなり今でも人間不信に苦しんでいます。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:鈴木まさ美