昔も今も悩みの種になりがちな<嫁・姑問題>。今回は、筆者の友人A子から聞いたスカッとする実体験話をどうぞ。

マッチングアプリで出会った彼と結婚

数年前、完全在宅ワークの私は、出会いを求めてマッチングアプリを始めました。

そこで出会った3歳年上の夫の優しさに惹かれ、交際スタート。
順調に愛を育み、半年でゴールインしました。

姑のお願いもあり1人で義実家に

お互いの実家がかなり遠方にあったこともあり、1年に1回帰る程度。
2人で幸せな暮らしをしていたのですが……。

そんなあるとき、姑から
「足を骨折して動けない」
「1か月ほど面倒を見てくれないか」
と連絡が入りました。

夫からは
「母さんクセ強いから、無理しないでいいんだよ」
と引き止められました。

でも、初めて頼られたと嬉しくなった私。

基本どこでも仕事ができるので、夫の心配をよそに1人義実家のもとにお手伝いに行くことにしたのです。

姑からグチグチ悪口攻撃が

義実家について早々
「在宅ワークなんてあまり稼げなそうね」
「いつでも暇な人が嫁で良かったわ」
と姑から嫌味攻撃が!

「怪我して気分が落ち込んでるのかな」
と思った私は気にしないことにしました。

するとその態度に苛立ったのか、姑からたくさんの家事を押し付けられたのです。

一生懸命取り組むも、やることなすことすべてに文句をつけてくる姑。
さすがにひどいと思って言い返すも……。

「あなたは〇〇家のものでしょう」
「この家や土地がほしかったらやれ!」
「跡取りも産めないくせに文句言うな」
と全く取り合ってくれませんでした。

堪忍袋の緒が切れたので反撃に!

そんな日々が2週間続き、不満が溜まりに溜まった私。

いつものように姑が文句を言ってきたので、反撃に出ることに!

「お義母さんって、どうでもいいこと言い続けられるくらい暇なんですね、かわいそう」
「あと、私は夫より稼いでいますから」

すると、姑は顔を真っ赤にして
「出ていきなさい!」と騒ぎ始めました。

もちろん、お望み通りすぐに義実家を後にしました。

その話を夫にすると、大激怒。
姑に縁を切る宣言までしてくれました。

その後子宝に恵まれるも、姑には会わせないことにした私たち。

姑は、大事な息子から嫌われ、欲しかった孫にまで会えず。
何か理由があって文句ばかり言っていたのかもしれませんが、人からの恩をあだで返してはいけませんよね。今は、しょぼんと1人寂しく過ごしています。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:一瀬あい