黒やグレー、ネイビーといったシックなカラーパレットが増える秋冬。でも2022〜23年秋冬はカラフルなアイテムが多彩に揃っています。その中でも人気継続中のピンクと緑に加え、春夏の印象が強い青やオレンジがトレンドに浮上しています。そんなカラーに彩られたアイテムを人気ブランドにリサーチ。旬カラーだけじゃ物足りない、もうひとひねり加えたアイテムが気になる人に向け、デザイン性の高いトップスをお届けします。

【ローズ バッド】ピンク×オレンジのマルチボーダーとフリルが個性的!

今年らしいクロップド丈に、ピンクやオレンジを基調としたマルチボーダーと袖の立体的なフリルが印象的。前後着用可能な2WAYで、プルオーバーとしても着られます。

【アーバンリサーチ】マティスの作品を落とし込んだアートなカーディガン

アンリ・マティスの作品「ルーマニアのブラウス」で女性が着ているブラウスの模様をジャガードで表現。ショート丈×ボリューム袖のバランス感が今年らしさいっぱいです。

【ビーミング by ビームス】オレンジ配色&柄がレトロなジャカードニット

ジャカード編みで旬のレトロなボーダーを表現。オレンジ×ブラウンの配色やふくらみのある袖も、さらに懐かしさを感じさせます。コンパクトなサイズ感ですっきりと着こなせます。

【ジャーナル スタンダード】グリーンにイエローのロゴが映える! 旬のプレッピーなロゴニット

今季人気のロゴトップスを、スウェットではなくニットで作っているのがユニーク。キャッチーな配色ロゴでも、ニットの柔らかさとニュアンスあるグリーンで大人カジュアルに。インナーにシャツを入れてもレイヤードしやすいサイズ感。

【ビーミング by ビームス】明るいグリーン×シンプルな白ロゴが爽やかなニット

コットン100%の扱いやすいニットに、フランス語で元気の意味を持つSAINEをインターシャ編みで表現。明るいグリーンに、白いロゴの爽やかな配色です。

【ビーミング by ビームス】ブルーに映えるロゴをプリントしたスウェット

ブルーに映えるカレッジロゴを刺しゅうした裏毛のスウェットプルオーバーは、ゆったりとしたサイズ感とボリュームスリーブで女性らしく着こなせます。リサイクルのポリエステル糸を使用したサステナブル素材を採用しています。

いずれも今季着倒したいアイテムばかり。今季の1枚を吟味中の人は、ぜひウィッシュリストに加えてみて。

※価格はすべて税込みです