「LINE誤爆=やばいことになる」という印象ですが、LINE誤爆によって救われることもあるんです!ママ友CさんがやってしまったLINE誤爆で奇跡が起きたエピソードをお伝えします。

何もしない夫

Cさんの夫は家事もしない、育児もしない、自分の部屋の片付けもしない、何もしないで文句ばかり言う人。Cさん自身は初めての出産をし、まもなく育休を終えるので、子供の保育園や自身の仕事場への連絡など復帰のための準備をしているのに、夫は我関せず。「仕事をするのはお前なんだから、お前がちゃんと出来るようにしないと意味ないだろう?」と言って、家事を協力する気も育児に参加する気も更々ない状態でした。

不満をLINEでぶつけるはずが・・・誤送信!

不満が溜まりに溜まったCさんは、我慢の限界がきてしまい、今までの鬱憤をLINEに送りつけてやろう!そしてそのまま実家へ帰ってやる!と決心し、今までの思いの丈をスマホで作成しました。そして、いざ!送信!を押したら、まさかの会社の所属チームのグループLINEに送信してしまっていたのです!もちろんすぐに送信取り消ししたものの、既読が1件ついていたので「誰かに見られてしまったか〜・・・」と頭を抱えていました。

突然、態度が180度変わった夫!

そんな出来事があって、LINEを送るのを先延ばしにしていたら、ある日、夫が早々と帰ってきました。いつもだったら同僚と飲みに行って終電間際にならないと帰ってこないのに、その日は子供のお風呂前には帰宅したのです!どんな風の吹き回し?!と思っていたら、まさかの子供と一緒にお風呂に入ってくれたのです!こんなこと、出産以来初めてで、Cさんは動揺を隠せませんでした。
お風呂を上がってからの身支度も、ドライヤーや歯磨きも、さらには寝かしつけまで自分から率先してやりだしたのです!何が起こったの???

夫から聞かされた真実。それは誤送信の既読

夫の態度や行動が変わって1ヶ月がたち、Cさんの育休最終日が来ました。その日の夜にCさんは夫と話をしました。突然変わったのには、何かキッカケがあったのかを正直に聞いてみたところ、驚きの答えが返ってきたのです!Cさんが以前、誤送信したLINEメッセージに既読をつけたのは、実はCさん夫婦の共通の友人でもある男性社員Dさんだったのです。そして、初めて早く帰ってきた日の前日に、Dさんは夫に連絡をしてランチに誘い、家事や子育てにまつわる自身の体験談を夫に語ってくれたのです。というのも、Dさんも以前は奥さんと子供がいたのにDさんがあまりにも家のことに無関心だったせいで離婚になってしまい、今は1人で暮らしているのです。Cさんの誤送信LINEを見て、そんな自分と重なったようで、取り返しのつかないことになる前にと、夫を諭してくれたのです!

「俺、本当に何も分かってなかったんだって、気づかされて・・・。お前の育休が終わる前のこんなギリギリになってしまったけど、今からでも頑張らせてほしい」と、耳を疑うようなことを夫は言ってきて、Cさんは涙したそうです。LINE誤爆してよかった、とCさんは幸せそうに語っていました。

ftnコラムニスト:南さおり