【グッチ】クリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレが、女性が持つ多様な個性を開花させ、豊かな人生を送ってほしいとの願いを込めたフレグランスコレクション「グッチ ブルーム」。2022年5月4日(水)、新フレグランス「グッチ ブルーム オードトワレ」と、かつて限定発売された「グッチ ブルーム アンブロシア ディ フィオーリ オードパルファム インテンス」が定番製品となって登場します。

華やかなホワイトフラワーの香りにひねりを効かせた「グッチ ブルーム オードトワレ」

花々が咲き誇るガーデンをイメージした「グッチ ブルーム」オリジナルの香りをより明るく再解釈し、はつらつとした生命力や輝きを表現した「グッチ ブルーム オードトワレ」。朝露に濡れた花々が朝陽を浴びて輝くガーデンをイメージしています。

オリジナル同様ジャスミン、チュベローズ、ラングーンクリーパーの3つの香りがベース。「グッチ ブルーム」らしい華やかなホワイトフラワーの香りに、ハチミツのような甘さとグリーンシトラスの爽やかさを加え、ひねりを効かせています。

ボトルもオリジナルの「グッチ ブルーム」を踏襲しながら、「グッチ ブルーム オードトワレ」では淡いピンクカラーのフロストガラスを採用。ハーバリウムプリントを施し、フレッシュなデザインに。

優雅な香り「グッチ ブルーム アンブロシア ディ フィオーリ オードパルファム インテンス」が新定番に

真っ赤なボトルが目を引く「グッチ ブルーム アンブロシア ディ フィオーリ オードパルファム インテンス」は、ギリシャ神話に登場する神々の食物「アンブロシア」の持つ不死の効力と、艶やかな花々が咲き誇るガーデンからインスパイア。

マスター調香師のアルベルト・モリヤスは、ジャスミンとチュベローズ、ラングーンクリーパーをブレンドした香りがベース。そこに2種類の稀少な香料、オリス(あやめ)とダマスクローズを加え、上品で濃密な香りに。その香りをまとえば、エレガントな女性らしさを感じられます。

ガーデンをイメージしながらもテイストの異なる2つのフレグランス。気分やオケージョンに合わせて使い分けるのもオススメです。

※価格はすべて税込みです