お腹が空いたとき、思わずかぶりつきたくなるジューシーなハンバーガー。【モスバーガー】にも、満足感高めの絶品バーガーがたくさん揃っていますよ! モスのバーガーはお肉系から野菜系までバリエーションが豊かで、選ぶ時間から楽しくなるかも♪ 今回はライターの注目メニューを紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ボリューミーなダブルパティでお腹も大満足!

とにかくお腹が空いた……! そんな時には「ダブルとびきりトマト&レタス」がおすすめ。ダブルとはパティが2枚入っていることを表していて、ボリューミーなお肉をしっかりと食べることができます。お肉に負けないくらいのレタスとトマトの量で、全体的なバランスもGOOD。カロリーハーフマヨネーズを使用しているという、さりげない心遣いも嬉しいポイントです。

お米と焼肉の組み合わせがバーガーになって登場

モスの王道はバンズ(=パン)のバーガーですが、実はお米を使ったライスバーガーも安定の人気。こちらの「夜モスライスバーガー よくばり焼肉」は、ご飯でお肉を挟んだモスバーガーならではの一品です。「ご飯がすすむタレがきいた焼肉」と@ftn_gourmetレポーターrokuさんも紹介しているように、みるからに濃厚そうなタレが食欲をそそります。15:00〜の時間限定品なので、夜ご飯にぜひトライしてみて。

見た目にも珍しいグリーンなバーガー

緑色が印象的なこちらのハンバーガー、その名も「グリーンバーガー<テリヤキ> 」。野菜と穀物を主原料にしたテリヤキバーガーで、溢れんばかりのお野菜に注目です。あとがけソース付きなので、味わいを自分好みに調節しやすく食べやすさにも期待大。ファストフード中心だと野菜不足が気になるという方も、このバーガーなら安心して食べられそうです。

大豆バーガーで健康美を目指して

パティ部分に大豆由来の植物性たんぱくを採用した、「ソイモス野菜バーガー」。一見高カロリーな贅沢バーガーですが、カロリーはなんと350kcal以下なんだとか。ただ単にヘルシーなだけでなく、「ピリッとスパイスの効いたオーロラソースがソイパティと絡み、まさに絶品◎」と@ftn_gourmetレポーターすがわらあゆみさんが大絶賛する味。いつものハンバーガーに飽きた方も、ぜひトライしてみてください。

※すべての商品情報・画像はftnグルメ出典です。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

Writer:Anchan