独特のシルエットで女性に人気のロングウルフカット。なかでもロングウルフのパーマスタイルは、人気女優や歌手でも見られるトレンド感のあるヘアスタイルです。パーマのロングウルフスタイルを使いこなして、魅力を最大限に引き出してくださいね。

ロングウルフってどんな髪型?

そもそもロングウルフカットとはどのようなヘアスタイルなのかよくわからないという人もいるでしょう。

ウルフカットは髪全体にしっかりレイヤーを入れ、毛先を軽くしたスタイルです。おおかみの毛並みのようなスタイルであることから名付けられました。

ウルフカットはワイルドでメンズライクな印象を与えがちですが、ロングとウルフカットを組み合わせると、女性らしさをプラスでき、クールで可愛らしさを兼ね備えた印象となります。さらに顔周りを短くカットするため、優れた小顔効果も期待できますよ。

レイヤーの入れ方で異なる印象を楽しめるのもロングウルフならでは。髪を下ろしたりアップにしたりと、さまざまなアレンジも楽しめます。

ボリュームを調整しやすいおしゃれなウルフカットをうまく使いこなせば、年齢を問わず幅広い女性の魅力を引き出してくれます。

「特徴的な髪型にチャレンジしたい」「シンプルな髪型は飽きてしまう」という個性を大切にしたい人におすすめしたいヘアスタイルです。

ネオウルフのパーマスタイルが気になる人は [2022年もネオウルフパーマがキテる!人気パーマスタイルを紹介]で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

ロングウルフのパーマとストレートの印象の違いは?

ロングのウルフカットは、ストレートだけでなくパーマスタイルも魅力的です。

かっこいいクールな雰囲気を引き出したい場合は、ストレートのウルフカットがおすすめ。毛先が軽やかで爽やかな印象となります。

一方、ふわっとした優しい雰囲気が好みなら、パーマスタイルの方が魅力的に感じるでしょう。髪がペタっとしがちな柔らかい髪の人や薄毛の人もナチュラルにカバーできるスタイルです。

「普段はクールに、休日やデートの時にはパーマスタイルにしたい」という欲張りさんは、ストレートのロングウルフを選び、シーンや気分に合わせて毛先を巻くなどのアレンジをすれば、サロンに行かなくてもセルフでさまざまなスタイルを楽しめます。

【前髪あり】ロングウルフ × パーマの魅力

ヘアスタイルは前髪のあり・なしで印象が大きく変わります。ロングウルフカットで前髪があると大人っぽさのなかに可愛らしさをプラスできますよ。

前髪の種類によっても雰囲気を変えられるため、前髪それぞれの魅力を知って、うまく使いこなしてくださいね。

●眉上前髪で個性を発揮

眉上の短め前髪は一見子供っぽくなりそうですが、ロングウルフを合わせると大人っぽさが加わるため、絶妙なバランスの個性的なスタイルが完成します。

ぱっつん前髪なら元気な女の子スタイルで魅了できそう。

前髪も後ろの髪と一緒にパーマをかければ、外国人風のラフなナチュラルスタイルが手に入りますよ。

●シースルーバングでトレンド感UP

透け感のあるシースルーバングは、韓国風のおしゃれさを取り入れられる人気前髪です。

ロングウルフとの組み合わせもトレンド感があり、ウルフカットと同様軽い前髪であるため、統一感がでますよ。

清楚すぎないこなれ感があり、ちょっぴりセクシーさもある万能スタイルは、同性・異性問わず好まれ、目を引くことでしょう。

【前髪なし】ロングウルフ × パーマの魅力

パーマのロングウルフには前髪なしスタイルも良く似合います。前髪ありスタイルとはまた違う雰囲気でボーイッシュな印象を与えます。

分け方や立ち上げ方によって印象をがらっと変えられるため、前髪なしスタイルが気になる人はチェックしておきましょう。

●センターパートでクールに

前髪をおでこの中心で分けるセンターパートとロングウルフの組み合わせは、おでこが出るためすっきりとしたクールな印象になります。

前髪は指でラフに分けることで、お堅い雰囲気ではなくナチュラルな仕上がりに。

また、眉毛がしっかり見えるスタイルであるため、眉や目元のメイクによっても印象を簡単に変えられますよ。

仕事の時にはナチュラルメイクで、デートの時にはラメを入れたりとシーンに合わせてメイクも一緒にイメチェンを楽しみましょう。

●かきあげバングで色気をプラス

パーマのロングウルフにかきあげ前髪を合わせると、ぐっと色気を引き出してくれます。前髪の隙間から覗く瞳が大人っぽくアンニュイな雰囲気です。

ピンやカーラーなどで前髪の根本をほどよく立ち上げれば、韓流アーティストのようなトレンドスタイルが楽しめますよ。

前髪を立ち上げる際はカーラーで巻きすぎないよう、大きめのカーラーを使いましょう。

ロングウルフ × パーマに似合うカラー

同じフォルムでもカラーによって与えるイメージが大きく変わるパーマのロングウルフスタイル。

以下にパーマのロングウルフと相性の良いカラーをいくつか紹介します。カラー選びに迷ったらぜひ参考にしてみてください。

●【エレガント】グレージュカラー

暗めのグレージュカラーは、落ち着いた大人の魅力を発揮します。

グレーとベージュの中間色であるグレージュは、赤みの強い日本人の髪ではナチュラルに出しにくい色。そのため、外国人風に仕上げたい人におすすめのカラーです。

童顔の人でもグレージュカラーを取り入れれば大人っぽい印象になるため、周囲の男友達はドキッとしてしまうかも。

●【おしゃれ感】インナーカラー

内側の髪にハイトーンカラーを取り入れるインナーカラーは、派手になりすぎずさりげなくおしゃれさをアピールできるのが魅力的。

全体を明るくすることは必要以上に目立ちそうと戸惑いがある人でも、インナーカラーなら挑戦しやすいですよ。

アレンジで簡単にひとまとめに結ぶだけでも、インナーカラーがちらっと見えてスタイリッシュな印象を与えます。

●【垢抜け見え】ミルクティーカラー

明るめのカラーが好みなら、ミルクティーカラーはいかがでしょう。透明感があるベージュ色でトレンド感があり、顔を明るく見せてくれる効果もあるため、周囲に好印象を与えます。

ウルフパーマのやわらかいふわっとしたフォルムとも相性が良く、女性らしい包み込むような優しさを表現できますよ。

●【軽やかに】グラデ―ションカラー

ロングウルフカットにグラデーションカラーを取り入れることで、ロングヘアの重たい印象を軽やかに見せてくれます。

長い髪の毛はグラデーションも良く映えて、スタイリッシュな印象を与えます。

パーマをかけた動きのあるスタイルなら、おしゃれさに加えて元気なガーリーさもプラス。

そのまま下ろすだけでなく、ポニーテールにしても物足りなさがなくおしゃれにキマります。

一色で単調に感じる場合は、前髪のカラーを明るめにするポイントカラーも魅力的です。

ロングウルフ × パーマのスタイリング法

パーマのロングウルフスタイルは芸能人の間でも人気で、流行のヘアスタイルといえます。ただ、魅力を最大限に発揮するためにはスタイリングの仕方も重要です。

せっかくのロングウルフスタイルを活かすために、適したスタイリング術をマスターして活用しましょう。

●【こなれ感】ウェットスタイリング

スタイリングにヘアオイルシアバターを軽く付けると濡れ感のある仕上がりに。つややかでウェットな髪質がこなれ感を引き出します。

スタイリング剤を付けるだけの簡単スタイリングであるため、不器用さんでも時間のない朝に使える便利な方法ともいえます。

ドライヤーでただ乾かしただけでも全体にワックスやオイルをもみこむだけで無造作ヘアができあがります。

●【ふんわり感】ミックス巻き

ウルフカットの立体感にミックス巻きを組み合わせることで、よりふんわりしたスタイルが楽しめますよ。

ボリュームが出るため、毛量の少ない人や細い人におすすめです。

さらに動きのある髪型は、小顔効果も期待できます。セルフで巻く場合は、顔周りを内巻きに、毛先を外巻きにするとボリュームが出て、華やかに仕上がりますよ。

ロングウルフ × パーマにおすすめのアレンジ術

パーマのロングウルフは個性的で動きもあるため、下ろしているだけでも飽きの来ないスタイルです。しかし、仕事もプライベートもいつも同じ髪型だと物足りないと感じることもあるでしょう。

「スポーツやハイキングなどでアクティブに動きたいから髪をまとめたい」「デートにぴったりな可愛いアレンジにしたい」という人に、ここではパーマのロングウルフアレンジをいくつか紹介します。

どれも簡単に仕上がり、リボンやへクリップなどのヘアアクセサリーなどを使えばシーンに合わせられるため、ぜひお役立てください。

●シンプルハーフアップ

ロングウルフにパーマをかけるとそれだけで個性のあるヘアスタイルになるため、難しいアレンジでなく簡単なハーフアップでも素敵なヘアスタイルが叶います。

仕上げる際にくしやピンなども必要なく、最低でもヘアゴムさえあれば完成するアレンジは、どこでも誰でも思い立ったら手軽にチャレンジできますよ。

まずは手ぐしでトップの外側の髪を後ろでまとめてゴムで結び、くるりんぱします。バランス良くトップの髪を引き出して完成です。

結び目にリボンやヘアアクセサリーを使うと華やかになるため、デートやパーティーなどのよそ行きシーンにもおすすめですよ。

普段ストレートで自分で巻く場合は、カーラーやコテを使ってゆる巻きにしておきましょう。

●低めポニーテール

ロングウルフでパーマをかけたスタイルは、低めのポニーテールにするだけでもふんわりボリュームがあるため物足りなさを感じません。

ストレートのウルフカットの場合は、カーラーなどで強めに巻いておくとバランス良くまとめられますよ。特にふんわり動きのあるミックス巻きがおすすめです。まとめる時は

くしなどでとかさず、手ぐしでざっくりとまとめるとこなれ感を出せますよ。

最後にトップとサイドの髪をほどよく引き出してフォルムを整えれば完成です。

まとめ

ロングウルフは全体にレイヤーをいれた動きのある軽やかさが特徴で、女性には嬉しい小顔効果も期待できる人気ヘアスタイルです。

さらにパーマを組み合わせるとグッとトレンド感が出て、ふんわりした女性らしさもプラスできますよ。

ロングウルフはレイヤーの入れ方でさまざまな雰囲気を作り出せますが、前髪、カラーなどの選び方でも印象は変わります。さらにアイデア次第で豊富なアレンジを楽しめるのもロングウルフの魅力といえるでしょう。

ぜひ一つひとつのポイントにこだわって、自分にぴったりのロングウルフスタイルを楽しんでくださいね。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@cxcxrx_seki様、@euphoria_ginza01様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。