「人は見かけによらぬもの」とよく言いますが、信頼していた相手に裏切られたらショックですよね。
今回は、知人女性の体験したエピソードについてご紹介します!

夫と上手くいかない知人女性

知人女性は現在38歳。夫との間に、中学生の男の子が1人います。
お互いに子どもこそ可愛がるものの、2人は仮面夫婦を演じながら生活していました。息の詰まるような家庭に、彼女はストレスいっぱいでした。

カルチャースクールで気分転換

そんな知人女性の唯一の楽しみは、週1回のカルチャースクールでした。彼女の選択していた講座はフラワーアレンジメントで、多くの友人を得られたそうです。
中でも、Oさんという既婚女性は、知人女性の悩みを快く聞いてくれました。Oさんは、ふんわり優しい雰囲気の女性で、まさに癒し系でした。
講座が終わった後、お茶をしながらOさんは「なんでも話してね!」と言って、天使の笑みを浮かべます。
「良い友人に会えたな」と感じる知人女性でしたが、後日、とんでもない事実が発覚しました。

癒し女性の裏アカは黒過ぎた!

後日、知人女性にLINE通知が来ました。送り人は、別のカルチャースクール仲間です。そこには、SNSのURLが添付されて「これ、Oさんじゃない?」と書かれていました。
URLに飛んでみると、確かに顔こそ加工してあるものの、Oさんと思わしき画像がたくさん並んでいます。オマケに、その投稿内容はとんでもないものばかりでした。
「友人の旦那を取るって快感wいつも、アンタの悩みを聞いているけれど、実際は旦那と良い事しているから」
「喫茶店で向き合うと、改めて友人のブスさに驚愕。そりゃ、旦那も不倫に走るってもんよ」
この投稿内容が、知人女性のことを指しているのは明白でした。しかも、Oさんが不倫密会したとする日が、全て夫の残業日と重なるのですから、これは完全に黒です。

探偵を雇って、慰謝料請求

知人女性は、探偵を雇って証拠を集めました。これで、夫もOさんも言い逃れできなくなり、無事に2人から慰謝料請求することに成功しました!
知人女性は、夫と離婚して、現在は息子と実家で暮らしています。Oさんも、旦那さんに見捨てられれしまい、現在はパートを掛け持ちして生活しているとのこと。
夫の不倫に加えて、友人の裏切りなんて二重でショックですが、制裁を与えられたのが不幸中の幸いでしょう。

ftnコラムニスト:六条京子