一緒に住んでいたら、家事は極力協力して行いたいもの。
しかし、中には全く手伝わない人もいるのです……!
今回は筆者の友人A子さんの体験談をご紹介します。ブチ切れても仕方がない!

毎日ヘトヘト。家事が追い付かない

A子さんは子どもを出産してから、毎日目まぐるしい日々でした。
慣れない育児に大奮闘で、とにかく休む暇もありません。
家事もなかなか思うように出来ず、誰が見ても大変だと分かるような、そんな状態だったのに……

「ご飯まだ? 簡単なのでいいから早めで!」
「掃除機かけてないの? 子どもの為にも毎日かけたほうがよくない?」

夫は気にしてくれているようなセリフを吐くくせに、自分は一切やろうとしません。
育児に関しては、A子さんが言ったらしぶしぶ手伝ってくれる程度。
家事だけは「お前の仕事だろう」と言わんばかりの態度なのです……。

ソファに寝そべって指摘してくるだけの夫に、どんどんイライラが募っていって……。

夫の特大のため息に、限界がきた

ある日、ドタバタ続きで洗濯物を溜め込んでしまっていた時の事でした。

「この靴下って洗ったやつ?」

夫はそう言いながら、落ちてる靴下を拾い上げて大きなため息をついたのです。
靴下の横にはぐしゃぐしゃになったワイシャツもあり、

「ちゃんとしてくれないと困るよ〜」

A子さんは、自分が怒りで震えていることに気が付きました。
落ちてる靴下もワイシャツも、夫が洗濯カゴに入れず放置したもの……。
そんな夫の発言を、見逃す事は出来なかったのです。

ふざけんな〜〜!! ブチ切れ大激怒!! 夫はタジタジ

A子さんは今まで溜め込んでいた鬱憤を、大声と共に吐き出しました!

「お前が置いた靴下とシャツだろ! ふざけてんのか!!」
「言っても何もしないくせに、仕事増やすんじゃねーよ!!」

あまりのブチ切れっぷりに、夫は呆然としていました。そして……

なんと次の日から、夫が家事を手伝うようになったのです!
明らかにこちらの機嫌を伺うような、何ともよそよそしい感じではありましたが……。

それからきちんと夫婦で話し合い、家事を協力して行うことに決めました。
夫はA子さんのブチ切れっぷりに恐怖を感じて、家事を手伝うようになったんだとか!

あの時思いっきりブチ切れて良かった! そう笑うA子さんだったのでした。

まとめ

一緒に住んでいるんですもの、相手がやって当たり前と思わない事ですね。

ltnライター:Yukky111