少額から手軽に投資をやりたいと思っている人は少なくないでしょう。最近では、知識もまとまったお金もない人でも気軽に始められる投資があります。買い物のおつり相当額を積み立てて投資する「おつり投資」がその典型です。

■おつり投資の特徴とメリット

「おつり投資」はクレジットカードや電子マネーによる買い物のおつり相当額を投資の元手にするサービスです。買い物のおつりを貯金箱に入れるように、家計簿アプリなどと連携してあらかじめ設定したおつり相当額で金融商品を購入していく仕組みです。

積み立てたお金の運用は“ロボアドバイザー”などが自動的に行うので、設定さえすれば手間がかかりません。

■家計簿アプリと連携しておつりを設定

おつり投資では、電子マネーやクレジットカード決済で買い物をしたときの金額の一部を自動的に投資に回します。一般的におつりの設定は100円・500円・1,000円単位から選びます。たとえば、350円の買い物をしたときのおつりは以下のとおりです。

・設定金額100円→おつり50円
・設定金額500円→おつり150円
・設定金額1,000円→おつり650円

設定金額を大きくすれば、おつり額も大きくなります。100円に設定すれば少額で始められ、慣れてきたら増やしていくことも可能です。

■おつりの運用を投資サービスに一任

おつり投資で投資に回すお金の運用は、それぞれの投資サービス(ロボアドバイザーなど)に一任します。それぞれのサービスで提供されているプランで自動的に運用されるため、直接金融商品を買い付ける必要はありません。

■おつり投資アプリ①「トラノコ」

「トラノコ」は最低投資額5円でおつり投資ができるサービスです。おつり投資の設定をし、3つのファンドから自分のリスク許容度に合ったものを選ぶだけで、自動的に買い付けが行われます。

「トラノコ」の運用報酬は0.33%と他のサービスに比べて低めです。ただし、固定の月額利用料300円(当初3ヵ月間無料)がかかります。また、出金時には1回につき300円の手数料が差し引かれます(すべて税込)。

最低投資額は低いですが、固定費がかかるため、あまりに少額の運用ではコスト倒れになる可能性が高い点に注意が必要です。

「トラノコ」は家計簿アプリをはじめ多くの金融サービスと連携している点が強みです。自分がすでに利用しているサービスを利用しながら、気軽におつり投資を始められます。

■おつり投資アプリ②「マメタス」

「マメタス」は大手ロボアドバイザーの「WealthNavi」が提供するおつり投資サービスです。「WealthNavi」の最低投資額は10万円ですが、「マメタス」は1万円以上の入金があれば運用を始められます。

「マメタス」の運用は「WealthNavi」のロボアドバイザーが自動で行います。年間の運用手数料は資産額の1.1%(税込)です。その他、入出金手数料などは無料です。

■おつり投資アプリ③「THEO+docomo」

「THEO+docomo」は代表的なロボアドバイザーサービスで、ドコモ携帯ユーザーで本人名義のdカードがあればおつり投資も可能です。

「THEO+docomo」では、最低投資金額として1万円の入金が必要で、その後はおつりだけで運用ができます。また、おつり投資には1,000円単位で上限の設定が可能です。おつり投資の設定をすると「THEO+docomo」のロボアドバイザーに運用を任せられます。

運用手数料は資産額1万円未満で年率1.1%(税込)となっており、資産額が増えると手数料率が下がる仕組みです。その他、入出金手数料などはかかりません。

■おつり投資の注意点

少額から気軽に始められるおつり投資ですが、注意すべき点もあります。

・対象の口座に残高が必要
おつり投資の決済は家計簿アプリと連携する電子マネーやクレジットカードを通じて行います。積立金は銀行から引き落とされるため、積立金相当の残高が口座に入金されていることが必要です。

・元本保証ではない
おつり投資の運用はロボアドバイザーなどに一任できますが、必ず利益が出るとはかぎりません。運用の成果によってはユーザーが損失を被るものであり、元本割れしても保証されない点を理解しましょう。ただし、アルゴリズムによって安定した運用が図られており、長期の資産形成が期待できます。

■まとめ

おつり投資は少額から始められて、知識のない初心者でも取り組める投資です。ふだん自分が使っている家計簿アプリや電子マネーと連携しているおつり投資なら、気軽に始められるでしょう。元本保証でない点などに注意して、まずは少額から試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は投資判断の参考としての情報提供を目的としています。最終的な投資決定はご自身の判断と責任において行ってください。

文・松田聡子
証券システムのITエンジニア、国内生保の法人コンサルティング営業を経てファイナンシャル・プランナーとして独立。コンサルティングのほか、主な活動は企業型確定拠出年金導入企業へのセミナー講師、マネーサイトへの執筆など。年金・資産運用・保険などに精通、iDeCoやNISAなどの制度を活用した人生100年時代の資産形成をアドバイスしている。