最近日本でも入国制限や海外渡航自粛要請が大幅に緩和され、K-POPの海外公演に行くことも容易になっています。そこで、日本のK-POPファンがこれからK-POPの韓国公演に行った場合、総額でいくらかかるか調べてみました。また、アメリカ公演との比較もしてみました。費用のシミュレーションは執筆時点のものです。

■海外渡航に必須のパスポート発行代はいくら?

まず、海外渡航に必須となるパスポートの発行代から見ていきましょう。

・パスポート発行代

収入印紙 都道府県収入証紙 合計
10年間有効 1万4,000円 2,000円 1万6,000円
5年間有効 9,000円 2,000円 1万1,000円

成人は10年間有効のパスポートを取得する場合が多いので、ここでは1万6,000円としてパスポート代を計上します。

以上の金額も含め、ここからは成田空港から韓国(ソウル近郊)やアメリカ(ロサンゼルス)のK-POP公演に行く場合にかかる費用の内訳と、およその総額を出してみます。

■K-POP海外公演費用(1)隔離もPCR検査義務もなし!韓国公演に行く場合の費用はいくら?

韓国政府は、9月30日に、これまで義務付けていた韓国入国後1日以内のPCR検査を、10月1日から廃止すると発表しました。そのため、最近の韓国アイドルのコンサート会場やポップアップストアなどには、日本人ファンの様子も見られるようになってきました。

K-POPの本拠地である韓国公演に行く場合の費用には以下のものがあります。

●各種空港税

海外渡航に不可欠な費用に「各種空港税」があります。ソウルに行く場合は以下の税金が徴収されます。

・成田国際空港(第1・第2ターミナル)
旅客サービス施設使用料+旅客保安サービス料:2,660円

・仁川国際空港
国際旅客空港利用料金:1万7,000円ウォン(約1,763円)
出発支払金:10,000ウォン(約1,037円)
国際疾病の蔓延防止基金:1,000ウォン(約104円)

以上を合計すると約5,564円になります。

●往復航空券代およびホテル代

航空券やホテルの予約は個別でも取れますが、それより手間がかからず費用も若干お得になる格安ツアー料金(燃料サーチャージ料含む航空券代+ホテル代)の目安をご紹介します。

料金の目安:約4万3,000〜16万7,000円

※旅行期間は11月25〜27日(2泊3日)を想定。

なお、航空券代およびホテル代は出発日によって大きく異なるので注意が必要です。

●チケット代

チケット代も必要な費用です。ここでは参考までに、2022年に開催された2つの公演のチケット代(販売時の日本円換算金額)をご紹介します。

  1. 2022IUコンサート 約7,300〜17,100円
    ※女性K-POPトップアーティストの単独公演

  2. 2022年韓国文化フェスティバル
    ロッテワールド+K-POPコンサートチケット:7,290円
    ※韓国政府主催のフェスティバルでK-POPアーティストが多数出演

以上の通り、コンサートの主催者等によってチケット代は大きく異なりますが、比較的リーズナブルな印象です。

●応援グッズ代

金額の目安:110〜1万円程度

100均で応援グッズを買えば数百円で済みますが、ファンクラブ公式グッズなどの場合は購入金額が高額になる場合もあります。

以上の費用+パスポート代を合計したおよその総額はこちらになります。

約7万〜29万円+旅行中の諸費用(食費、交通費、チップ代など)

■K-POP海外公演費用 (2)米ロサンゼルス公演に行く場合の費用はいくら?

次は米ロサンゼルスのK-POP公演に行く場合の費用(目安)です。こちらはフライト時間が長い(約10時間)ので、11月25日成田発、旅行期間4日間(3泊5日)で金額を出してみました。

●各種空港税

・成田国際空港第1・第2ターミナル
旅客サービス施設使用料+旅客保安サービス料:2,660円

・ロサンゼルス空港
国際通行税:4,400円(入出国のつど2,200円)
民間空港保安税:650円

合計:7,710円

※空港税額は全米で共通

ロサンゼルス公演に行く場合は、ソウル公演より空港税の合計額が高くなります。

●往復航空券代およびホテル代

成田−ロサンゼルスの格安ツアー料金(燃料サーチャージ料込往復航空券代およびホテル代)の目安は以下の通りです。

約18万5,000〜約62万1,000円

こちらもソウルと同じく、出発日によって料金が大きく違う点に注意が必要です。

●チケット代

ここでは参考として10月に開催された「KAMP Los Angeles 2022」のチケット代をご紹介します。

チケット代:198〜500米ドル(日本円で約2万9,000〜約7万4,000円)

●応援グッズ代

110円〜約1万円

こちらはソウルとほぼ同じと思われます。

●日本入国用現地PCR検査代

有効なワクチン接種証明書を所持していない人は、出国前72時間以内に現地でPCR検査などを受けることが義務付けられています。

ロサンゼルスの検査センターのPCR検査料金:145米ドル(2万1,460円※1ドル148円で換算)に、パスポート代を含めた以上の費用(目安)を合計すると、およその総額は以下のようになります。

約24万〜75万円+旅行中の諸費用(食費、交通費、チップ代など)

K-POPアメリカ公演はソウル公演よりもだいぶ費用が高い印象ですね。

■K-POP海外公演なら韓国に行くのがおすすめ

以上の結果から、リーズナブルな費用でK-POP海外公演に行きたいなら韓国公演がイチオシです。

韓国公演は日本から近い分費用も安いので気軽に行くことができます。また、韓国のK-POP公演チケットは日本公演より安いので、観光を兼ねてK-POP公演に行く人には特におすすめできます。近場で費用が安い韓国で、ぜひK-POP公演を楽しみましょう。

※2022年10月25日現在のレートで換算しています。

文・大岩楓
元銀行員ライター。預金・為替業務に長く携わった経験をもとに、節約などの記事を多数執筆。現在はジャンルを広げて教育系の資格を生かした記事まで幅広く執筆。