外食や飲み会は楽しいものですが、何度も行くとそれなりにお金がかかります。たとえば、毎月の外食費のうち5,000円を投資に回したら、将来いくらになるのでしょうか。

今回は毎月5,000円を20年間積み立てるケースについて、運用商品別に20年後の最終積立金額を試算してみました。

■銀行で毎月5,000円を20年間積み立てた場合

2022年11月現在、メガバンクの普通預金金利は年0.001%(税引前)です。銀行預金で毎月5,000円を20年間積み立て、複利運用した場合、元本120万円に対して20年後の最終積立金額は120万120円となります(税金、手数料等は考慮外)。

銀行預金は利回りがかなり低いため、20年間積み立てても、得られる利息は120円しかありません。実際は利息から税金が差し引かれるので、最終的な手取り額はさらに少なくなります。

銀行預金には『預金保護制度(ペイオフ)』があり、仮に金融機関が破綻しても預金1,000万円とその利息までは保証されるのがメリットです。ただし、銀行預金だけでお金を大きく増やすのは難しいでしょう。

■投資信託で毎月5,000円を20年間積み立てた場合

投資信託とは、複数の投資家から資金を集めて1つにまとめ、専門家が運用するという金融商品です。そこで獲得した収益は、投資金額に応じて投資家に分配されます。

利回りが年3%の場合、毎月5,000円を20年間積み立てると、元本120万円に対して最終積立金額は164万1,510円です。年5%の利回りで運用できれば、最終積立金額は205万5,168円になります(税金、手数料等は考慮外)。

投資信託は比較的高い利回りが期待できるため、銀行預金よりもお金を大きく増やせるかもしれません。投資信託の利益には税金がかかりますが、『つみたてNISA(少額投資非課税制度)』を利用すれば非課税で運用できるので、利益がそのまま手元に残ります。

ただし、あくまで投資ですので、元本割れのリスクがあります。

■毎月5,000円を自己投資に回すのも選択肢

外食や飲み会に使っているお金のうち、月5,000円を読書や資格取得などの自己投資に回すのも選択肢です。

5,000円でお金の本を数冊購入し、書かれている内容を実践して月1万円節約できるようになれば、投資した5,000円はすぐに回収できます。

また、資格勉強の授業料や教材費にお金を使い、仕事関連の資格を取得すれば、勤務先で評価されて収入アップにつながるかもしれません。好条件での転職が実現したり、独立できたりする可能性もあるでしょう。

積立NISAで月3000円を投資すると将来いくらになる?

■投資は元本割れリスクに注意する

投資はお金を大きく増やせる可能性がある一方で、元本割れリスクに注意が必要です。

投資信託は銀行預金に比べて高い利回りが期待できますが、必ずしも利益を得られるとは限りません。相場環境や政治・経済情勢に応じて価格が変動するため、取引のタイミングによっては損失が生じる恐れがあります。

投資信託で運用するなら、「投資先を分散する」「積立投資で高値つかみを回避する」など、リスクを抑える工夫が必要です。

自己投資についても、同様のことがいえます。本を読んでも、書かれている内容を実践しなければ成果を得るのは難しいでしょう。また、お金をかけて資格を取得しても、仕事に活かせなければ収入アップは期待できません。

自己投資にお金を使う場合は、投資金額を回収できるように勉強する内容を見極めることが大切です。

■まとめ

浪費しているお金を投資に回せば、将来大きなリターンを得られるかもしれません。まずは外食や飲み会に毎月使っているお金のうち、5,000円を投資信託や自己投資に回してみてはいかがでしょうか。

※本記事は投資を推奨するものではありません。最終的な投資決定はご自身の判断と責任で行ってください。

文・大西勝士
AFP、金融ライター。早稲田大学卒業後、会計事務所、一般企業の経理職、学習塾経営などを経て2017年10月より現職。FP資格や投資経験をもとに、大手金融機関を含む複数の金融・不動産メディアで記事執筆を行っている。