「じっくりというか、しっかりと考えて後悔しないようにしたい」

 今季限りでACミランを退団する日本代表FW本田圭佑(31)が18日、移籍先について報道陣を前に口を開いた。

 18日に千葉県の「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」で、自身が実質的なオーナーを務めるカンボジア2部の「ソルティーロ・アンコールFC」と合同練習。土砂降りの中で1時間のミニゲームなどに取り組んだ。

 「多くのクラブが興味を示してくれている」と明かし、移籍先の条件は、クラブのビジョン、スタイル、来季の目標に自分が納得することとした上で、「それ以外はほどほどで多分、サインすると思います」。金銭面などはさておいて、サッカー人生の集大成の場を求め「最後まで粘ってみようと思います」と長考の構えだ。