厚生労働省によると、認知症の患者は2025年に約700万人まで達するとされています。一方で「認知症の症状は、お天気と同じで晴れたり曇ったり。思うようにいかない日があれば、心が通じ合う<晴れ>の瞬間もある。周囲はそんな<晴れ>を増やす方法を知っておくことが大切だ」と理学療法士の川畑智さんは語ります。その川畑さんいわく、認知症の人とスムーズにコミュニケーションをとるには、5つのポイントがあるそうで――。

* * * * * * *

不安に寄り添う気持ちを忘れないで

認知症の方とのコミュニケーションは、簡単ではありません。

同じことを繰り返し聞かれたり、何度言っても話を理解されなかったり、

「もう、どげんすればいいのかわかりません!」

と苦しさを打ち明けてこられるご家族の気持ちは、よくわかります。

でも、同じことを何度も聞いてしまうのは、記憶に障害が起きているためです。

話を理解できないのは、言葉に関する脳の領域が衰え、「失語」の症状が出ているためです。

そして、自分に起きている異変に気づき、失敗を繰り返す自分を、ご本人が一番情けなく、悲しく感じていることが少なくありません。

どうか、その不安に寄り添う気持ちを忘れないでください。