清水ミチコさんのモノマネ被害者でもある川谷絵音さんは、息をするかのように名曲を生み出していくスーパーマン。片や、ともにバンド「ジェニーハイ」を組む小籔千豊さんは、芸人、コメンテーター、ドラマー……とマルチな活躍が止まりません。後編は打ち上げの店選びの話から…(撮影=大河内禎)

* * * * * * *

〈前編よりつづく〉

大事なときに大惨事

清水 じゃあ、「ジェニーハイ」で打ち上げするとき、困るでしょう。

川谷 くっきー!さんはくっきー!さんで、生魚が食べられないんです。だから寿司も、焼肉も、もつ鍋もダメ。間をとって、うなぎとかになります。(笑)

清水 川谷さん、好き嫌いは?

川谷 きゅうり以外ならなんでも食べますよ。小さいときに夏祭りで、ものすごくまずい一本漬けに当たっちゃったんです。あと、あたったことはないけど、牡蠣かな。

清水 私はあたったことあるの。ものすごくつらいんだから。

小籔 僕も舞台の直前に食べたカキフライで、調子悪くなったことあります。しかもそのときシスターの衣装だったんですよ。スカートでしょう。讃美歌流れてるなか、舞台上でもらしたら大惨事じゃないですか。あれはつらくて長い50分だったなあ。

川谷 「ゲスの極み乙女。」がほぼはじめてテレビに出たときのことなんですけど、マネージャーから「ドラムの子がお腹下してて、今日は行けない」って連絡が突然入ったんです。見るとベースもフラフラしてて、そのうちマネージャーまで行けないって……。

清水 何があったの? そんな大事なときに。

川谷 とにかくドラムがいないと始まらないので、急遽「indigo la End」のドラマー、男性なんだけど、曲を覚えてもらいました。でも、カメラワークはドラムのアップからスタートするんですよ。記念すべき初出演に、まったくの別人から映し出されるっていう。(笑)

清水 こんなときに、バンドの掛け持ちが役立ったね。

川谷 前夜、メンバーたちとの帰り道、ごはん食べようって言いそびれているうちに、キーボードの子だけ先に降りちゃった。結局残りのみんなで牡蠣鍋を食べに行ったんですけど、僕だけたまたま違う鍋を食べて。だからキーボードの子は、なんでみんながお腹壊してるかわからなかったと思います。

清水 一人だけごはんに誘ってないから、説明しづらいしね。

川谷 以来、牡蠣は食べないっていうのが僕たちの決まりごとです。