現在発売中の『婦人公論』(2月9日号)の料理連載「ヘルシーキッチン」では、「冬の薬膳スープ」を特集! 寒さで、血行や代謝が滞る季節。医食同源の知恵を基本にした、冬を元気に過ごすためのスープを村岡奈弥さんに教わります。今回は、かぶのスープスモークサーモン添えです(料理=村岡奈弥 撮影=三村健二 スタイリング・構成=関澤真紀子)

* * * * * * *

かぶのスープスモークサーモン添え

元気がなく、胃腸が少し疲れ気味の時におすすめ。かぶが気を補い、お腹もしっかり温める

■《 材料(4人分) 》

・かぶ…大6個
・ご飯…20g
・水…250mL
・スモークサーモン(スライス)…4枚
・塩…適量

■《 作り方 》

(1) かぶは茎を落とし、皮をむいて八つ割りにする。飾り用に小さな葉を4枚ほど取り分け、色よくゆでる。

(2) 鍋に1のかぶとご飯、水を入れて塩少々を振り、蓋をして火にかける。沸騰したら弱火にし、あればアクを取り除き、蓋をしてかぶがやわらかくなるまで煮る。

(3) (2)の粗熱をとりミキサーにかけ、滑らかになったら鍋に戻して温め、塩で味を調える。

(4) 器に注ぎ、スモークサーモンを添えてかぶの葉を飾る。

本誌ではえび団子スープ、鶏肉入り粕汁など5種の薬膳スープレシピを掲載しています!