家でじっとしているうちに、体が硬くなったり、節々が痛くなったりしていませんか? 動かない日々が続くと、体は固まってしまいます。自宅でできる簡単なストレッチを5回にわたって紹介しますので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。こりをほぐし、痛みを和らげ、動ける体をつくりましょう。第1回目は自分の体の「いま」をチェックするところから。(モデル=アプロトレーナーYUKIE 構成=塚原沙耶 撮影=大河内禎 写真提供=中川真人)

* * * * * * *

まずは、筋肉をゆるめて伸ばす

《おこもり》で、体がカチコチになっている人も多いことでしょう。動かない日々が続くと、体は固まっていきます。すると血流が悪くなり、こりや痛み、冷え、むくみ、肌のくすみなど、さまざまな不調が生じてしまうのです。

60代以上の方からよく「寝起きが一番、体が痛い」と聞きます。子どもは寝ている間にたくさん寝返りを打ち、自然と体を整える。ところが年齢を重ねると、寝返りをあまり打たなくなりますし、ストレスなども影響して、体のやわらかさを取り戻しづらくなるのです。

体の不調チェックリスト
すべてのストレッチを実践するのが理想ですが、時間がない時は、自分の不調に合ったものを重点的に行いましょう  1) 足先が冷たく、静脈が浮き上がっている
 2) かかとがカサカサ乾燥している
 3) 肌のくすみが気になる
 4) 肩こり、首こりに悩んでいる
 5) 首のシワが気になる
 6) 最近つまずきやすい
 7) お尻が垂れている
 8) お腹や背中の贅肉が気になる
 9) 猫背になっている
10) 眠りが浅い

1)〜3)のいずれかにあてはまる人
「冷え・むくみ」の改善を
3)〜5)のいずれかにあてはまる人
「肩こり・首こり」の改善を
6)、7)のいずれかにあてはまる人
「腰痛・膝痛」の改善を
8)、9)のいずれかにあてはまる人
「ぽっこりお腹・丸い背中」の改善を
10)にあてはまる人
呼吸が浅いと、眠りも浅くなります。ストレッチをする時、深呼吸するように心がけましょう
※上記の不調を解消するストレッチは第2回目から紹介します