春先から、どんどん強くなる紫外線。にごりのない肌をキープするには、美白ケアが欠かせません。とはいえ、生まれ変わり周期が長くなっている大人の肌は、スペシャルアイテム1つだけの投入では不十分です。まずは洗顔で肌のくすみをオフし、美白有効成分入りの美容液をプラス。日中は紫外線カットだけでなく、肌の透明感を維持できる成分が配合されたアイテムの使用が望ましいでしょう。夜はシートマスクでスペシャルケアを行えば、ブライトニング効果がより高まります。今回はステップ2の「美容液」編です (撮影=金子吉輝 スタイリング=大沼静 文=古屋美枝)

* * * * * * *

最新の美容液をプラスしてシミの根を断つ!

毎年、新しいアプローチが発表され、進化が止まらない美白美容液。

透明感を出すだけでなく、肌のハリをアップしたりシワの改善が期待できたりと、エイジングケアが同時にできるのが最近のトレンドです。

マスクが日常となった昨今、吹き出物や擦れによるくすみをケアするアイテムも登場しています

1:FTCホワイトニング リポセラム〈医薬部外品〉30mL ¥5,400/FTC
低刺激性の美白有効成分などを配合し、バリア機能を高めながら明るい肌に。ナイアシンアミドも配合し、マスクの擦れによる色素沈着ケアも。

2:ホワイトショットCXS〈医薬部外品〉25mL ¥15,000/ポーラ
一時的なくすみとは異なる、固着化した濁りに着目。とろみのある透明の美容液がすばやくなじみ、澄みわたるような透明感のある肌に導く。

3:ITRIM ルリホワイト セラム〈医薬部外品〉18mL ¥18,000/ITRIM(イトリン)
水分・油分のバランスが絶妙な高機能美白美容液。くすみやシミを引き起こす要因を一掃し、肌を明るく引き締まった印象に。天然由来成分99%配合。

4:アスタリフト ホワイト ジェリー アクアリスタ〈医薬部外品〉40g ¥10,000/富士フイルム
肌基礎となる角層の変化に着目し、メラニン滞留層にアプローチ。美白有効成分アルブチンとWヒト型ナノセラミドを配合。