2021年7月に起こった静岡県・熱海市伊豆山の大規模土石流災害は、10月10日で100日を迎えました。当時の様子や被害を『婦人公論』で語ってくれた熱海市在住の江原啓之さんは、現在も1人の行方不明者の捜索が続く今回の災害の記憶を風化させないためにと、熱海市に2000万円、沼津市には1000万円の義援金を寄付しました。10月8日に熱海市役所で行われた贈呈式の模様をリポートします。(構成=婦人公論.jp 撮影=本社写真部)

* * * * * * *

熱海になにか恩返しをしたい

2021年10月8日(金)13時より、静岡県の熱海市役所にて、江原啓之さんから熱海市への義援金贈呈式が行われました。熱海市からは齊藤栄市長と、江原さんが住む町の町内会長であり、市議会議員の竹部隆氏が出席。

会の冒頭で、江原さんが「いつもニュースでは拝見しているが、熱海市になにか恩返しをいたいと義援金寄付を思い立ったのです。昨日(10月7日)も関東で震度5強の大きな地震が起こりましたが、時代がどんどん流れていく中、熱海の災害を皆さんに忘れてほしくないという思いで今日参りました」と挨拶。


土石流の災害現場のぬかるみで作業する救助隊員の困難を語る市長

齊藤市長は「まだ1名の方が行方不明ですので、捜索を続けると同時に、インフラなどの整備をはじめ復興に向けて邁進しています。引き続き、被災者の方々のフォローをしていきたい」と答えました。

今回の義援金は、江原さん個人の寄付と、7月28日に行われた〈令和3年7月大雨災害(沼津市・熱海市)復旧支援チャリティ配信〉江原啓之特別ライブ配信公演「御神威(みいづ)〜聖地よりエナジーを送ります」の収益と、所属事務所のワタナベエンターテインメントからの寄付などを含めたものだそう。