厚生労働省の発表によれば、2020年の日本人の平均寿命は男性が81.64歳、女性が87.74歳であり、女性の多くは「おひとり様」になる可能性が高いと言えるのかもしれません。しかし、老後を支える柱の一つ「年金」の額を考えれば、男性より少ないケースも見られ、女性ほど老後資金は不足しがちとも言えます。そのため、ファイナンシャルプランナー・長尾義弘さんは「特に女性ほど、企業年金やイデコを使って、早い時期から<じぶん年金>を作ることが大切」と主張します。

* * * * * * *

賢く貯めて、老後資金の上乗せを作る

公的年金は一生受け取れる点が魅力。老後生活のベースとなる公的年金を増やすことは非常に大切です。長く働く、繰下げ受給をする、国民年金基金に加入するといった努力が、あなたの老後を助けてくれるでしょう。

ただ、「これだけではちょっと心もとないかも」「もっと準備できると安心なのに」と感じる人もいるかもしれません。たしかに、老後資金は少しでも余裕があるほうが望ましいといえます。

そこで、ここからは公的年金に上乗せする、私的な資金=「じぶん年金」について紹介していきたいと思います。早い話が、コツコツ貯める方法です。

とくに、30代・40代は老後を迎えるまでに、まだ時間があります。その間に「じぶん年金」を作ることができます。

60歳からでも年金は増やせますが、早く動き出すほど選択肢は広がります。お得な方法を大いに活用し、「じぶん年金」を貯めていきましょう。