いつもと違う、どこか調子がよくない…と思っても、かかりつけ医のいない人はなかなか気軽に聞けないもの。小さな不調に大きな病気が隠れていることもあるので、油断は禁物です。また、人になかなか打ち明けられない悩みも、日々医療は進歩し、治療法が開発されていることも。大切な自身や家族の健康は、ぜひ医師に相談してみてください。女性に多い病気を中心に、症状、原因、治療、予防の4つの観点でご紹介します。第4回は、「突発性難聴」です。(取材・文/松井宏夫〈医学ジャーナリスト〉)

* * * * * * *

目次
● 症状 耳の聞こえ以外の症状を伴う
● 原因 直接の原因は不明。免疫の低下が関係
● 治療 諦めないで人工内耳も視野に
● 予防 ストレスをうまく発散すること

〈症状〉耳の聞こえ以外の症状を伴う

明らかな原因もなく、突然発症する難聴が「突発性難聴」。朝目覚めて片方の耳が聞こえないことに気づき、受診したという方もいます。

片側の耳に起こるのが基本ですが、まれに両方の場合も。また、難聴に加えて「耳鳴り」「耳閉感」「めまい」などを伴うことが多く、「耳鳴り」は90%、登山時に起きるような「耳閉感」は70%、「めまい」は40%程度と高い頻度で起こります。

めまいを伴うと動けなくなるため、患者さんはパニックになり、救急車で脳神経外科や神経内科に運ばれますが、その際、「聞こえない」ということもしっかり訴える必要があります。


突発性難聴の症状

◇内耳の部分で起こる感音難聴である

・突然の難聴
・耳鳴り、耳閉感、めまいを伴うことがある
・片側性がほとんど(両側性はまれ)
(難聴:100%、耳鳴り:90%、耳閉感:70%、めまい:40%)