角質層は、外的刺激から肌を守る大事な存在です。けれど年齢とともに古い角質が蓄積しやすくなり、その結果、スキンケアの効果を妨げたり、見た目の印象を損ねたり……。そこで角質ケアのメリットとリスク、正しいケア方法を、美容家の立河宜子さんに聞きました(撮影=小寺浩之 スタイリング=大沼 静 文=片岡えり)

* * * * * * *

上級)「ゴシゴシはNG」がスクラブ使いのコツ

硬く厚くなった角質やざらつきなど老廃物を取り去るスクラブは、気になったときの特別ケアです。

「スクラブは使い方によって刃やいばにもなりえます。絶対に力を入れず、目の周りや皮膚の薄い部分は避け、生クリームに触るような優しいタッチで行ってください」

1:透明白肌 ホワイトフェイスウォッシュ 100g ¥1,430/石澤研究所
炭と泥がメラニンを含む古い角質を吸着し、マイルドなこんにゃくスクラブで肌表面を磨き上げる。ねっとり高密着泡で優しく洗顔。

2:3in1 マスク&スクラブ 200mL¥7,590/SABON
死海の泥と珪藻土のスクラブで、ざらざら、ごわごわ、くすみの元を除去。エイジングもケアする漆黒のマスク。10分後に流せばしっとりクリアな肌に。